すっきりした部屋づくりの決め手は収納 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

平原 光人
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

すっきりした部屋づくりの決め手は収納

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくりのノウハウ 収納

収納のポイント



■ポイント1 造りつけ収納は空間を有効に使える


造りつけ収納は、空間を有効に使えるので、家を
設計するとき十分検討するようにします。
また、地震のとき転倒の心配がない、といった利点
があります。


■ポイント2 探しやすい収納にする


しまいっぱなしで、どこにしまったか忘れてしまい
同じものを買ってしまったという事が起きないように
一目でわかる収納にする。
奥行きが浅く、開口が広いとわかりやすい。


■ポイント3 使用頻度・重さ・大きさによって収納 方法を変える


使用頻度・重さ・大きさによって、しまう高さを
かえる。また、目的によっても収納方法を変える。
よく使うものは、手が届きやすい場所に、重いもの
は低い場所に収納する。
扇風機などの季節ものは収納庫に保管する。


■ポイント4 デッドスペースをうまく使う


天井裏、床下、階段の下の空間などをうまく使い
収納していく。


ものが多くてうまく収納ができない場合、不用品を
処分しましょう。処分した後、持ち物の量や寸法を
計りを調べそれに合わせて、収納スペースを確保
しましょう。

家財道具が多いときは、収納ケース何個分、ハン
ガーパイプ何cmのものが何本。
本の場合は、数冊まとめて高さ×横幅のものが
何個分か。あるいは、棚の高さ×幅でいくつ、
といったように、大雑把にまとめて数量を把握
すると楽にできます。



一級建築士事務所ナユタ
http://www.nayuta-co.com/

納得!暮らしの快適空間
http://www.kaiteki-kukan.net/