子ども手当、自治体に申請が必要な人 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子ども手当、自治体に申請が必要な人

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
話題の子ども手当は現行の児童手当を受け取っている世帯の手続きは原則必要ないです。しかし
・所得制限で児童手当を受け取っていない世帯
・中学生の子どもを持つ世帯
などは、市区町村に申請する必要があるのです。
所得制限と言ってもサラリーマンの夫、妻が専業主婦、子供2人の標準世帯なら年収860万円以上でないといけないので、大体の人は申請せずに子供手当がもらえるでしょう。しかし中学生の子供をもつ世帯は注意ですね!
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。