あなたは「正し」すぎて敬遠されていませんか? - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あなたは「正し」すぎて敬遠されていませんか?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
以前、メールマガジン『女と男の「心のヘルス」−癒しの心理学』に書いた記事です。
なかなかよく書けているので、ここに再掲載してみます。

ここから本文です。

女と男の「心のヘルス」−癒しの心理学



 こんにちは。あづまです。
 昨日は出かけていてどうしてもメルマガを書く時間がとれません
 でした。すみません。

 出先で、名古屋コーチンを食べました。
 砂肝がおいしかったです。

 どこへいったかって? →編集後記を見て下さい。


 さて、
 今回は、私の失恋話をします。
 昨年11月に一度書いた話を更に深く突っ込んで書きます。

 「東京大学で不幸になる話」と題して、
 こんな話を書きました。

・学生時代、強く、強く、前へ、前へ、という考えで生きていた。
・当然、社会的に立派なことが大事だと思っていた。
・会社を辞めたり休学してのんびりする期間を作り旅行をするなん
 てケシカランと思っていた。
・ありのままの自分を認めること、自分を許すことが欠けていた。

 そして、恋人から、
 「やすしくんは立派だから」
 と、皮肉を言われた。

 そんな話でした。


◆自分に対する禁止



 なんでそうなったのかというと、自分の幸せを追求することを、
 自分に許していなかったんですね。


◆幸せなことより、「正しい」こと



 自分が幸せを感じることを追求する代わりに、社会的に認められ
 ることを追求していました。

 受験で勝利する。
 会社で出世する。


◆「正しい」ことを追求する人が隣にいると、迷惑なんです。



 一人で勝手に「正しい」ことを追求するだけなら勝手にやっても
 らえばいいのですが、大抵他人にも押しつけますから、迷惑なん
 ですよね。

 たとえば、仕事より旅行を優先してはいけないと考えている人と
 結婚したら旅行はなかなか行けなくなってしまいます。


◆「正しい」ことの例。



・タバコは健康に悪いのでやめるべき
・デートの時は男が食事代を払うべき
・結婚したら男性も家事を分担すべき
・結婚したら女性は、家庭を優先すべき

 これらは、間違いとはいえませんが、絶対に正しいものではあり
 ません。本来ふたりの間で決めればいいことです。

 多くの場合「○○してほしい」のかわりに「○○すべき」という
 言い方をしているんです。


◆甘え下手



 言い換えると、自分の要求をうまく相手に伝えることが出来ない、
 甘え下手ということです。私もそうでした。


◆責任転嫁



 甘え下手で要求をしないのならば、それだけなのですが、それを
 「○○すべき」と話をすり替えるわけです。

 これは、自分の責任で要求するのではなく、社会規範や正しさを
 ふりかざす、つまり他人の要求の形で自分の要求をする、ずるい
 やりかたです。つまり責任転嫁です。

 私のところに来る相談者の中にもこれをしている方がいらっしゃ
 います。私自身も、かつて自分の「正しさ」を主張していました。


◆「正しさ」を主張していませんか?



 どうしても、別れがすぐ来てしまうというあなた。
 結婚生活が、ぎすぎすした関係になってしまったあなた。
 相手の心が、自分から離れているような気がするあなた。

 その原因は、あなたが「正しさ」を主張していることかもしれま
 せん。

 少なくとも私はひとつの恋を「正しさ」を主張することでぶちこ
 わしてしまった経験があります。


◆正しいことを言って、何が悪いの?



 そう、何が悪いんでしょうか?

 相手に有無を言わさない圧力をかけているという点です。

 あなたが「○○してほしい」という要求をすれば、相手には、
 Yes・Noをいう自由があります。選択肢があります。

 あなたが「○○すべき」という正義を主張すると、相手は、
 Noが言えない苦しさを感じます。


◆私は、その正しさを主張してもよい



 その正しさを主張する「資格」を手に入れるために、頑張ってい
 ることがありました。私の場合、仕事です。

 仕事面で力を発揮しているからこそ、正しさを主張してもよい。
 そう、思いこんでいました。

 こんな男性とつき合っていたら、常にいい女、つまり相手にとっ
 て望ましい行動をする女性でい続けなければならないという圧力
 がかかります。相手が仕事で頑張れば頑張るほど苦しくなるわけ
 です。

 これを、やっていました。

 「家族を守るために仕事を一生懸命やっている」
 (だから、奥さんに、家庭のことを一生懸命やるよう無言の圧力
  をかけてもよい、と考えている)
 こんな男性、いますよね?
 やられた側は、苦しいですね。


◆まとめ



 私の過去の恋愛の失敗について分析しました

 「○○してほしい」の代わりに
 「○○すべき」と正義を主張していました

 相手に、無言の圧力を常にかけていました

 自分が仕事を頑張れば頑張るほど、色々なことをきちんとこなす
 ほど、相手にとってはそれが苦しくなっていたはずです。

 そして、「やすしくんは立派だから」と言われました。

 その恋愛は、結局破局しました。

 あなたは、ぜひ上手に恋愛してください。


メールマガジン『女と男の「心のヘルス」−癒しの心理学』より再掲載。
 |  コラム一覧 |