「発電する島」CO2ゼロを実現! - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社椿建築デザイン研究所 代表取締役
東京都
建築家
03-5963-3696
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「発電する島」CO2ゼロを実現!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
COP15(国連機構変動枠組み条約第15回締約国会議)/A
の議長国を務めたデンマークは、2025年までに総エネルギー消費の30%を再生可能エネルギーで賄おうとしている。

そのデンマークの中央に位置する
A HREF="http://www.isep.or.jp/kako/samsoe.html" TARGET="_blank"
サムソ島
/A
では、風力発電やバイオマス燃料を利用した地域暖房導入で、二酸化炭素(CO2)排出量を計算上ゼロにする
A HREF="http://ja.wikipedia.org/wiki/カーボンニュートラル" TARGET="_blank"
「カーボンニュートラル」
/A
を実現した。

サムソ島は人口4100人。1997年当時島の風力発電量は電力需要の5%。現在は1メガワット級風力発電機11基と2.3メガワット級洋上風力発電機10基で発電しており、洋上風力発電機分はすべて島外で使用している。

風力発電機一基600万クローネ(約k1億円)だが、毎年平均100万クローネの電力を売電しているので約6年で元が取れる計算である。

メンテナンス費用を入れても投資ビジネスとして十分に成り立つため普及したと言える。

今後日本の環境ビジネスは戸建て住宅に大きなウエイトが掛かってくる。
大手住宅メーカーもこぞって太陽光発電やLED照明など「省エネ住宅」をセールスポイントとして全面に出してきた。高気密高断熱住宅からさらに「カーボンニュートラル住宅」に環境意識の高い住宅が求められてきている。

A HREF="http://www.meti.go.jp/policy/servicepolicy/contents/leisure/files/16nendo/16-03-02-1.pdf" TARGET="_blank"
参考資料サムソ島調査
/A>

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
有限会社椿建築デザイン研究所 代表取締役

本物志向の大人に似合う「和風モダンスタイル」の住まいを提唱

環境、自然素材、快適性、気候風土、公共性……これら全てにこだわりながら、時を経るごとに魅力を増す本物志向の住まいを。それが私の提案する「和風モダンスタイル」です。家具類などもオーダーで設計し、お客様にとって理想的な居住空間を実現します。

03-5963-3696
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。