ウェンディーズの撤退 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

渡邉 康弘
繁盛店コンサルタント
茨城県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ウェンディーズの撤退

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
渡邉康弘が最近の話題に切り込む

繁盛店コンサルタント「渡邉康弘の視点」



こんにちは
繁盛店コンサルタント渡邉康弘です。

「すき家」や「ココス」でお馴染みのゼンショーが
参加のハンバーガーチェーン「ウェンディーズ」の撤退を発表しました。

現在、日本に71店舗ある「ウェンディーズ」は、今月末でフランチャイズ契約
が切れることから、これを機に契約の更新を行わず、他社への売却や解散の方向
で調整しているそうです。

日本に「ウェンディーズ」が開店するきっかけとなったのは、
かのダイエー中内会長が、アメリカを視察した際に同店を知ったのが始まりで
その後、米本部とフランチャイズ契約をして、1980年に日本で第一号店を
オープンさせたそうです。

2002年には、ゼンショーが日本ウェンディーズを買収。

ゼンショーの傘下として店舗展開してきましたが、ハンバーガー事業は現在
「マクドナルド」をはじめとする、他のライバルチェーンとの競争が激化して
客足が伸び悩んでいることも、撤退の一因になったようです。

その昔、某劇団にいるときには、恵比寿の「ウェンディーズ」を毎日利用する
リピーターでしたが、恵比寿から離れて「ウェンディーズ」を利用することも
少なくなってしまいました。

数年前に茨城の筑波大のそば「ウェンディーズ」がオープンしましたが
懐かしいと思いつつ、行く機会もないままでした。

思い出があるお店のブランドだけに、とても寂しい感じがします。

12月31日をもって全店閉店を発表していますが、新しいスポンサーの下で
再建してくれることを願います。



株式会社インプレス http