米国特許判例紹介:審査段階におけるcomprisingの解釈2 - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
小竹 広光
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

米国特許判例紹介:審査段階におけるcomprisingの解釈2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
   米国特許判例紹介:審査段階におけるcomprisingの解釈
      〜新規性判断とcomprisingの関係〜(第2回) 
   河野特許事務所 2009年12月18日 執筆者:弁理士  河野 英仁

            In Re Robert Skvorecz

2.背景
 Skvorecz(以下、原告という)は加温された食器を保持するワイヤスタンドに関する発明をなし、1999年12月5,996,948(以下、948特許という)を成立させた。参考図1は2つのワイヤスタンド10を積み上げた状態を示す斜視図である。


参考図1

 ワイヤスタンド10を積み重ねた場合、一のワイヤスタンド10が他のワイヤスタンド10に食い込み、取り外しが困難になるという問題がある。本発明は斯かる問題を解消すべく、ワイヤ脚16の直立部19にオフセットを設けたものである。参考図2はワイヤ脚16の要部を示す説明図である。


参考図2

 参考図2に示す如く、直立部19の上側には外向きに突出するオフセット30が設けられている。一のワイヤスタンド10のオフセット30により他のワイヤスタンド10のワイヤ脚16が横方向へ動かされることから、ワイヤスタンド10同士のくい込みが防止される。
                                     (第3回へ続く)

 ソフトウェア特許に関するご相談は河野特許事務所まで 
 |  コラム一覧 |