長期優良住宅先導モデル 上棟風景2 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

鈴木 克彦
株式会社マクス 代表取締役
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長期優良住宅先導モデル 上棟風景2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
長期優良住宅先導モデルの家 富士市 先導モデルの家
富士市の長期優良住宅先導モデルの家です。
前回に引き続き、上棟の様子をご紹介させていただきます。

一階が組み上がり、二階にかかろうとしています。
富士山も上棟を祝うかのようにくっきりです。

二階の床下地は、24ミリの構造用合板でがっちりと固められます。
構造計算によって、基礎や壁だけでなく、床の強度も計算され、総合的に安全が確認されます。

これによって、性能評価で耐震等級2をクリアします。

何度か書いておりますが、今の法律では、合板信奉と言いたくなるくらい、合板ばかり設定されている強度が高く、というよりむしろ、無垢の板材の強度が低く見られているため、法律上高い強度を得ようとすると、この様に新建材に頼らざるを得ない面も否めません。

ただ、確かに合板を打って行くと、建物が固まって行くのが、作業時の「揺れ」で体感できます。

この様に、実(さね)、つまり雄と雌、凸と凹があり…

写真が二枚しか掲載できないため、続きは私のブログのこちらのページでどうぞ。

ブログでは毎日現場風景をアップしておりますので、
【富士市】長期優良住宅先導モデルの家の現場風景も是非ご覧下さい。

鈴木克彦 『頑張れ四代目日記』 より


次世代パッシブソーラー【そよ風】システム
施工:株式会社マクス