営業部をマネジメントするには - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
経営コンサルタント
03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
岡星 竜美
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

営業部をマネジメントするには

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
経営雑学〜私の独り言〜
久しぶりのコラムです。最近、特に忙しく飛び回っていまして
なかなか、コラムを書くことができませんでした。

今回は、時間ができた、と言うよりは、先日、弊社の支援先で
営業部の部長に対して、「マネジメントとは」といった内容で
面談しました。

その内容をまとめてみましたので、参考にしてみてください。



<営業部部長が抱える問題点>
表面上の上司への発言と、影での他の上司への発言に大きな隔たりがある



<私が面談した内容>
これは、どの会社でも起こっていることですが、最も改善しなければ
いけないことです。一番の問題は、管理者と営業マンの間の信頼感が
もうひとつ、築けていないことです。ですので、管理者と営業マンが
本当の意味でコミュニケーションをとる必要があります。以下、私が
指導している企業で、実際に管理者の方に実施していただいている
ことですので、参考までに。

■管理者は、どの営業マンよりも早く出勤し、営業マンが出勤して
 きたら、目を見て、笑顔で「おはよう」と大きな声であいさつする。

■管理者は、いつも最後に帰る。営業マンが営業をして帰ってきた
 ときに、誰もいないことで、寂しさを感じることもあります。ですので、
 管理者としては、最後の営業マンが帰ってくるまで、会社にいて
 これも元気よく「お帰りなさい」と言ってあげることが大事です。

■「叱る」3割「褒める」7割。
 管理する立場になると、どうしても「叱る」の割合が増えます。です
 ので、意識して「褒める」という行動を起こす必要があります。
 「褒めすぎかな」と思うくらいで、ちょうど7割だと思います。

■飲みニケーションの実施
 「飲む」という行動には、いろいろな要素が含まれます。一緒に
 飲んでいても仕事の話ばかりされると、正直、きついこともあります。
 ですので、仕事の話以外でも盛り上がって飲めるような環境作り
 が重要です。

■「祝う」の実践
 営業マンの誕生日、営業マンの家族の誕生日などは覚えておき
 しっかりとお祝いするようにしています。やはり、自分のことを覚えて
 くれている、というのは、正直、うれしいものです。また、受注が
 決まって帰ってきたときには、しっかりとお祝いすることも重要です。



皆さん、参考になりましたかね〜。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役

緻密な顧客分析で、デザインも含めた効果的な販売促進戦略を提案

座右の銘は「行動あるのみ」。お客様の販売促進という課題に対し、瞬発力・発想力をもって想定以上の結果をお届けすることを心掛けています。「お客様の幸せが弊社ならびに弊社社員の幸せ」をモットーに、費用対効果に優れた販売促進戦略を提案していきます。

03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営雑学〜私の独り言〜」のコラム

経営者で一句(2010/05/27 10:05)

営業力の弱さについて(2009/04/04 09:04)

ある専門店での市場調査3(2008/12/24 10:12)