コンクリート打放しを冷たく見せない - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コンクリート打放しを冷たく見せない

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
もみじの家 暖かい住まい
室温が暖かくても、インテリアが冷たい感じだとクールかもしれませんが、暖かい感じではありません。

蓄熱や放熱の効果も狙い採用したコンクリート打放しは、石膏ボード下地に仕上げたものと違い、土壁のような重厚感が生まれ、それなりにいい仕上げだと思うのですが、一般的には「重い、冷たい、刑務所みたい」というイメージも付きまといがちです。
そこで「もみじの家」では、打放しをなるべく明るく暖かく感じられるように心がけました。

まずコンクリート面になるべく陰を落とさないために躯体の位置を調整し、壁や天井に合わせて開口部を設けました。そうすることで、光が壁や天井面をなめて室内を明るくし、室内から外へとつながる流れも遮断されないので、広がりも感じさせてくれます。(通常は窓の上に垂れ壁があって、天井全体が何となく暗いと思います。)

次に、コンクリート自体を硬く見せないため、型枠を部分的に杉板としました。コンクリートは型枠の性質を写し取る面白い材料なのですが、板材の型枠を用いることで、木目や木の赤味、木の柔らかさがコンクリートに移り、コンクリートでありながら木のような雰囲気に仕上がります。そのためフローリングや家具、建具に使った木部とも違和感なく馴染みます。

打放しとせず仕上げをする壁や天井面には、打放しの型枠と同じ寸法のシナ合板を用いました。また、造り付け家具の面材にもシナ合板を主に使ったため、空間を構成する全体の質感が調和し、コンクリート面が多いながらも木の暖かい雰囲気も漂う、落ち着いた空間に仕上がりました。

シリーズを読む

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「もみじの家」のコラム

熱を逃がさないようにする(2006/01/10 16:01)

冬暖かい家がほしいー2(2005/12/12 00:12)

冬暖かい家がほしいー1(2005/12/12 00:12)