頭痛のほとんどはCTやMRIでは分からない? - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

陽開カイロプラクティック 
カイロプラクター
045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

頭痛のほとんどはCTやMRIでは分からない?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
カイロプラクティック 頭・首・肩の問題
頭痛は、比較的ありふれた症状ですが、やはり頭に何か異常があるのではと思うと、一応病院で診てもらおうかと考えるでしょう。

近年、CTやMRIの普及とともにこれらの機械が活用され、「万能診断機」のように錯覚されてしまいますが、前回のコラムでもご説明しましたが、頭痛の大部分を占めるのは機能性頭痛です。
この機能性頭痛はCTやMRIの検査法ではまったく所見が得られず、診断の根拠にすることは残念ながらできないのです。

ただ、頭痛の中には、全体としてはごく少数ですが命に関わる可能性のある頭痛もあります。
ここで、幾つか代表的な危険サインを紹介しますので、そのような兆候が診られる場合は、早めの受診をお勧めします。

突然の頭痛:突然、今まで経験したことがないような非常に強い頭痛。患者さんはよく「頭を後からいきなりバットで殴られたような痛み」表現することが多い。→くも膜下出血の疑い

朝、頭痛で目が覚める:睡眠時には呼吸が抑制的になるため、血中の二酸化炭素の量が増えます。これにより脳血管が拡張をきたすため、脳の容積が増加する。→脳腫瘍、脳膿瘍、慢性硬膜下血腫の疑い

半身麻痺などの神経学的症状が伴う頭痛:脳の障害による可能性がある→脳血管障害、硬膜下血腫の疑い

発熱を伴う頭痛:脳内の感染症の疑い

激痛が半日以上続く場合:器質的疾患の疑い

次回、頭痛の98%と言われる機能性頭痛についてご説明します。

山中英司

治療院のホームページ http://www.hikaichiro.com/
私のブログ http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/
治療院のブログ http://hikaichiro.blog73.fc2.com/
治療院外活動ホームページ http://jocoso.jp/hikaichiro/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
陽開カイロプラクティック 

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

臨床を通して痛感することは、体は心の鏡のような存在だということ。様々な症状の裏には、もう一人の自分からのメッセージが隠されています。カラダを診るプロフェッショナルとして、クライアントの心とも真剣に向き合うことを信条にしています。

045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「カイロプラクティック」のコラム

顔つきが変わります!(2011/08/02 13:08)