LD−3 <ダイニング収納> - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
稲垣 史朗
(リフォームコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

LD−3 <ダイニング収納>

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
光が丘のチークハウス リビングダイニング
光が丘のチークハウスのLDのダイニング側を見たところです。
奥のダイニング収納の手前部分は、広めのバルコニーへと続いていて、現在はチークの大きなダイニングテーブルが置かれています。

ダイニング周辺は、いろいろと入り用の物が多いところ。
光が丘のチークハウスでは、壁面に沿って横に長くカウンター収納と吊戸棚を設け、吊戸棚の下部にも間接照明を仕込みました。
左手は手紙を書いたりパソコンをするデスクになっており、右側はキッチンへと続きます。
上下に収納があり、収納量がばっちり確保されているため、食器類やダイニング周りで使う諸々の物が皆入ってしまうとのこと。カウンター上では、お茶を入れたり、お花を飾ったりしているそうです。
(パソコンデスクについては、次回ご紹介したいと思います。)

ダイニング収納の仕上げは、反対面にあるリビング収納と同じチークの突板を張った仕上げ。リビング収納と同様に、横方向の木目で張りました。木目の向きは、縦にするか横にするかで印象がかなり変わってくるので、インテリアの印象を決める一つの要素となりますね。

右の写真は、キッチン方向を見た夜景です。(その右側は玄関へつながる引き戸が閉まったところ。)
キッチンは窓のない奥まった空間のため、クライアントの希望により、がらりとイメージを変え、白で統一された空間になっています。

村上建築設計室


 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・
「マンションのスケルトンリフォーム」のセミナーのご案内

10月25日(日) 13:30〜15:00 晴海トリトンスクエアにて
マンションのスケルトンリフォーム・リノベーションのセミナーを行います。
ご興味のある方はどうぞお気軽にお越しください。
お申し込みは↓まで(要予約・無料)
http://sumakoto.net/seminar/housing.html#detail11
 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「光が丘のチークハウス」のコラム

LD−2 <間接照明>(2009/10/05 10:10)