LD−2 <間接照明> - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

LD−2 <間接照明>

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
光が丘のチークハウス リビングダイニング
光が丘のチークハウスの壁や天井は、水廻りを除いて、漆喰で仕上げられています。

クライアントが重厚で落ち着いたインテリアを好まれることから、真っ白なさらっとした漆喰ではなく、チークの無垢フローリングにあわせて少し色味をつけた、ざっくりとしたテクスチャーで仕上げました。

花などの置き物をつくることを趣味にされているクライアントさんで、「季節や気分に応じて、部屋の要所要所に置き物を飾りたい」というご要望がありました。
漆喰のような深みのある壁面を背景に物を飾り、照明を当てると、置かれた物はより一層映えてみえます。上質な物同士の相乗効果が生まれるのでしょうね。

漆喰のような風合いのある壁や天井は、光の当たり方や照度によって、部屋の雰囲気がさまざまに変化します。光が丘のチークハウスのリビングダイニングでは、天井際に端から端までのスリットを設け、そこに間接照明を仕込みました。天井にあたった間接光により、部屋全体が柔らかく照らし出されます。

調光スイッチにすることで、明るくしたい時・薄暗くして落ち着いた夜を過ごしたい時・・・など、気分や用途に応じて臨機応変に雰囲気を変えることも可能です。
部屋全体はやや暗めにしながらソファで本を読みたい、などという場合には、これ以外にスポットライトを設けて、手元だけを部分的に照らすというのも有効な方法です。

村上建築設計室

 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・
「マンションのスケルトンリフォーム」のセミナーのご案内

10月25日(日) 13:30〜15:00 晴海トリトンスクエアにて
マンションのスケルトンリフォーム・リノベーションのセミナーを行います。
ご興味のある方はどうぞお気軽にお越しください。
お申し込みは↓まで(要予約・無料)
http://sumakoto.net/seminar/housing.html#detail11
 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「光が丘のチークハウス」のコラム