4色の脳を使う 続き - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

中村 泰彦
有限会社ワイ・エー・エス 代表取締役
東京都
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
越智 昌彦
(研修講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

4色の脳を使う 続き

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
YASの公式メールマガジン ゲンキノミナモト
YASの公式メールマガジン 「ゲンキノミナモト Believe in Yourself」
バックナンバーをお届けいたします。

今日も続いて脳科学に関する記事です。


■ 今月の『ゲンキノミナモト』〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ・・・・自分の脳を知っていますか?「4色の脳を使う(2)」


  前回、『エマジェネティックス(以下「EG」と略します)』で
  活用している分類方法をご紹介しました。

  右半分が「右脳型(直感的)」左半分が「左脳型(理論型)」という
  考え方に加えて、
  上半分が「抽象型」、下半分が「具象型」という分け方です。

  簡単におさらいしますと、
  EGでは上下左右を組み合わせを、以下の「4分類(4色)」に分けて
  考えています。

    ●抽象的で理論的な部分(青 分析型と呼んでいます)
    ●具象的で理論的な部分(緑 ディテール型 〃  )
    ●具象的で直観的な部分(赤 社交型    〃  )
    ●抽象的で直観的な部分(黄 コンセプト型 〃  )

  この4つで≪利き脳を分析する≫のが、エマジェネティックスです。

      ビジュアルにするとこんな感じです
        ↓    ↓    ↓
  http://k.d.combzmail.jp/t/3b10/80poqjx00f7tbw1ve2

  ------------------------------------------------------------- 

  例えば、「商談」で考えてみると。。。


  私たちは無意識のうちに、【自分の利き脳を使って】話を進めています。

  よって、自分と同じ(傾向の)利き脳の人には、自分のやり方がアピール
  するかもしれませんが、利き脳が全く違う場合は会話が噛み合わなかった
  りする訳です。

  つまり、自分の利き脳が「黄(コンセプト型)」の場合、イメージの話や
  例え話、感覚的な判断が多かったり、次々と発想が湧き出て、話題が飛ん
  だりする可能性があります。

  この様なアプローチを受けた相手の利き脳が「緑(ディテール型)」の
  場合、「話に一貫性がない。詳細はどうなっているか?話を順序だてて
  欲しい‥。」

  こんな反応が考えられるわけです。

  当然に会話が噛み合うわけがありません


  このように商談シーンなどでは、
  目の前の相手の発する言葉や、書いているメモなどをヒントにして、
  ≪相手の利き脳を察して、そこに合わせて自分の脳を使っていく≫
  そうして相手に最も伝わりやすいアプローチができる訳です。


  このようにEGは、単なる分析ツールでなく、  
  普段無意識に行っている思考回路を「意識的に」行い、ビジネスシーンや
  日常のコミュニケーションに活用できるのが特徴です。

  これが、「4色の脳を使う」ということです。


******************************

これはYASの公式メールマガジンの抜粋です。

無料の購読申し込みは・・・ 

メールレター登録はこちらからどうぞ

◆ http://www.yas-corp.com/