亀田対内藤に見る商品戦略 ネット通販 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

青田 勝秀
大国屋ビジネスコンサルティング株式会社 
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

亀田対内藤に見る商品戦略 ネット通販

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ネット通販 Eコマース EC 商品戦略
先日、内藤大助選手と亀田興毅タイトルマッチが決定しました。この二人のファイトスタイルは明らかに違います。内藤選手はオーソドックスに構えて足を使って、距離を保ちながら手数で点数を取りながら、いけるところで一気に出てKOを狙ったり、カウンターでKOを狙うボクサースタイル。一方、亀田選手はピーカーブースタイル(いないいないばあ)で前に出て距離を縮めて打ち合ってKOを狙うファイタースタイル。専門家による予想は五分。どちらが勝つのでしょうか?

オーソドックスの変則ボクサースタイル


理想的なオーソドックスの変則スタイルの往年の選手といえば、トーマス・ハーンズが挙げられます。自分のリーチ(手の長さ)を制空圏とし、その制空圏に侵入するいかなるものも打ち落とす。同時にすばやいフットワークで自分の制空圏を保つ。カウンターは狙えるときは狙う。そして行ける時は力強く打ち下ろす斧のようにストレート・フックを繰り出します。

内藤選手はトーマスハーンズのようなデトロイトスタイルではありませんが、変則型のボクサースタイルの選手です。同じようなボクシングスタイルのボクサーは皆さん見つけることができていません。それを考えれば非常に稀有な存在なのかもしれません。

ピーカーブーファイタースタイル


カス・ダマトという名白楽によって、完成されたスタイル。両手で顔を隠して目だけをのぞかせて左右に体を振りながら突進するスタイル。身長が低く、体が頑丈であることがこのスタイルをマスターできる条件だったようです。カス・ダマトの選手でこのピーカーブーを完全にマスターした選手はマイクタイソンが有名。ではマイクタイソンと亀田選手は似ているのでしょうか?

マイクタイソンと亀田選手の違いは身長。マイクタイソンはスーパーヘビー級では180センチぴったりと身長が低く、体はスーパーヘビー級の体重だった。ずんぐりむっくりという体型。亀田選手はフライでは普通の身長とリーチ。

次に亀田選手とマイクタイソン選手の違いはヘッドスリップインと同時のカウンター。タイソンの全盛時、相手のストレートに合わせて、ストレートを掻い潜りながら前に出て同時にストレートを打つことが出来ました。亀田選手は同様のことはしていません。

亀田選手も似た選手が見つからないファイタースタイルの選手です。

先の先と後の先


空手では先手を制して先手を打つことを先の先(せんのせん)


後手で相手を制する(ごのせん)


といいます。内藤選手の戦い方は先を押さえて先に手を出していくタイプのボクサー
亀田選手は後手で相手を制するファイタースタイル(打たせておいてから行くタイプなので厳密には後の先ではないですよね。)どちらが先を取っていけるのかが今回の試合の勝敗を決するところだと思われます。ネット通販は現在競争市場です。その競争市場においては今回の内藤選手対亀田選手のような戦略をとることが重要になってきます。

ライバルよりも先に商品を投下して、「先の先」をとる戦略をとるか?


ライバルの動きを見て、後発ながらイニシアチブをとる「後の先」の戦略をとるか?



内藤選手対亀田選手の試合が始まるころは年末商戦のスタートしています。彼らの試合が始まるまでに自社の販売戦略を決めましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――
売上をガツンと伸ばしたい!そんな「思い」にお答えします。
無料EC・売上コンサルティングなら大国屋ビジネスコンサルティングへ!
twitter ID: ebisu_daikoku
―――――――――――――――――――――――――――――――