公式メールマガジン ゲンキノミナモト - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

中村 泰彦
有限会社ワイ・エー・エス 代表取締役
東京都
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

公式メールマガジン ゲンキノミナモト

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
YASの公式メールマガジン ゲンキノミナモト
YASの公式メールマガジン 「ゲンキノミナモト Believe in Yourself」
バックナンバーをお届けいたします。

今日は脳科学に関する記事です。

■ 今月の『ゲンキのミナモト』〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
       ・・・・・「効き脳」とコミュニケーションの関係


  先だって、TBS系で「脳科学」をテーマにした連続ドラマが
  始まりました。私は視ていないのですが視聴率も上々のようで
  なかなか面白いドラマのようであります。

  書店のビジネス書コーナーにも「○○脳を鍛えろ」「脳力アップ」
  など「脳」をキーワードにしたタイトルが多いことに気づきます。

  私は、もちろん脳科学者ではありませんが、脳科学をベースにした
  思考と行動特性の分析ツールである「エマジェネティックス」を
  日本に導入しているチームの一員でもありますので、脳には多少の
  興味があります


  多少の興味の中から例をあげると・・・
 
  手・足・目など人間の器官で対になっているものには「利き」が
  あります。例えば利き手や利き足などです。
  そして目にも「利き目」があります。
 
  脳にも右脳と左脳があるわけで、対になった器官ということができ、
  当然「利き脳」があっても不思議ではありません。
  非常に大雑把且つ乱暴に括って「理論的な左脳君」と「感覚的な右脳
  クン」と区別してみましょう!


   ●「左脳君」は理論的な思考を好みます。
    そして「思いつき」には慎重に対処します。

   ●一方、「右脳クン」は感覚派。
    発想が大切で理論や理屈などは重要視しない傾向があるようです。


  こんな風に整理して考えてみると、いわゆる「ウマが合わない」
  とか「ピンと来ない」「腹落ちしない」など、感覚的だと思って
  いた現象が実は利き脳の違いに由来している可能性があることに
  気づきます。

  もちろん、脳はもっと細かく分かれていますので、上記は非常に
  大雑把な区別になります。 


  人間関係にお悩みの方、自分の利き脳と相手の利き脳を分析して
  みると面白いかもしれませんね。

  特性分析ツールはたくさんの種類がありますので、ネットなどで
  検索してみてください。

******************************

これはYASの公式メールマガジンの抜粋です。

無料の購読申し込みは・・・ 

メールレター登録はこちらからどうぞ
◆ http://www.yas-corp.com/