トランスコンチネンツという可哀想なブランド - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

青田 勝秀
大国屋ビジネスコンサルティング株式会社 
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

トランスコンチネンツという可哀想なブランド

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
閑話休題 商売繁盛
1990年代ビームス、シップス、ユナイテッドアローズと並んで称されたトランスコンチネンツ。もともとセレクトショップとして有名になったアパレルブランドです。華々しいスタートとは別に非常に可哀想な経歴を持つブランドでもあります。

2004年3月にキアコンというファンドに買収されて、2004年11月にキアコンからイマージュに売られます。ファンドが買収して建て直しをして、価値を高めて売却というのはわかりますが、1年未満で売却されています。建て直しも何も無かったのではないでしょうか?そもそもイマージュが購入することが前提でキアコンが一旦抱いた形だったのでしょうか?

2008年イマージュはトランスコンチネンツ事業の清算を発表します。同年年末、株式会社ポイントがトランスコンチネンツの商標権を購入しました。株式会社ポイントはショッピングセンターで現在は欠くことのできないMDを展開しているアパレルメーカーです。廉価でトレンドを抑えたテイストのMDを展開しています。ちなみに保有ブランドは下記のものがあります。

RAGEBLUE(レイジブルー)
LOWRYS FARM(ローリーズファーム)
LEPSIM LOWRYS FARM(レプシィムローリーズファーム)
apart by lowrys(アパートバイローリーズ)
GLOBAL WORK(グローバルワーク)
shuca GLOBAL WORK(シュカグローバルワーク)
HARE(ハレ)
Heather(ヘザー)
JEANASiS(ジーナシス)
UNDERCURRENT(アンダーカレント)
inmercanto(インメルカート)
TRANS CONTINENTS(トランスコンチネンツ)

可哀想なセレクトショップがポイントの手でどうなっていくのか?非常に興味があって先日ラゾーナ川崎に行ってきました。非常にリーズナブルな価格でしっかりとした接客。これは新しい業態として安定した成功をしそうだなぁと感じました。アンダーカレントが誕生したときに非常に期待してみていたのですが、だんだんMDがぶれてきて最終的にはグローバルワークでもアンダーカレントの商品が販売されている状態でした。今回トランスコンチネンツはそんな風にはしないでほしいと心から願います。

トランスコンチネンツのスタッフのみなさん!トランスコンチネンツのこれまでの可哀想な経緯を考えて、看板を大切にするために売り場で100%在庫消化してくださいね!期待してます!