なぜ盛田昭夫は「がむしゃら」にやれたか? - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

株式会社コラボレット 代表取締役 リーダー育成コンサルタント
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
福岡 浩
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なぜ盛田昭夫は「がむしゃら」にやれたか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
リーダーの目標実現力 思考プロセスを図解する
こんにちは、コラボレットの岡崎真です。
いつもありがとうございます。


先日の「面談コンサルティング」から、
2人の実例をシェアしたいと思います。


2人とも優秀な経営者です。ただ、
課題が解決できた時の反応だけ違いました。



Aさんは、

「そうかあ、分かった〜! なんだ、そうだったのかー。」
「つまり、○○ということだな。うんうん。」
「よし。こうして、ああすれば、次回もきっと・・・。」



Bさんは、

「うーむ。むぅ・・・・・・。」


あれ、どうしたんですか?
やっと解決できたんじゃ・・・


「いや、よく分かったし、それは良かったんですが、
これから、どうやったらいいかと考えると・・・。」



苦労してやっと問題解決の方法が分かったのに、
もう、これから先どうしたらよいか心配しています。



なにが抜けているのでしょう?


(1)
課題(過去) → 解決(現在)
例:○○が分からなかった → 分かった。


(2)
・・・・・抜けている・・・・・


(3)
課題(現在) → 解決(未来)
例:どうやろう? → こうしよう。




この★チャートを見ながら、
続きを聞いてください。



過去の問題(左下)を解決して、
ひとつ階段を上ったわけです。


しかし、すぐに未来の段上(右上)を見上げて、
本当に上れるだろうかと不安になったのです。



なにが抜けているのでしょう?



次のステップに行く前に、
現在、いまここで「できた事実」を認め、お祝いすること。
そして、何度でも繰り返せるように「振り返る」こと。


自分の小さな達成を味わえない人は、
部下を労う(ねぎらう)ことがヘタだったりします。



株式会社コラボレット
岡崎真


追伸:
いまに集中して行動し続けた、カッコイイ人の言葉。

「アイデアの良い人は世の中にたくさんいるが、
良いと思ったアイデアを実行する勇気のある人が少ない。
我々はそれを、がむしゃらにやるだけである。」
(盛田昭夫)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社コラボレット 代表取締役 リーダー育成コンサルタント

4,000人の経営者を育成し続けてきた、リーダー育成のプロ。

延べ4,000人の経営者・幹部を15年以上も支援・育成し続けてきたリーダー育成のプロフェッショナル。可能性を最大限に引き出すコンサルティングを通じ、経営の意思決定をサポート。「社員が自ら考え目標へ向かって走る」業績を上げる組織づくりを支援。

カテゴリ 「リーダーの目標実現力」のコラム

図解してから異動する。(2009/08/23 07:08)