在来のお風呂からシステムバスに変えてみませんか? - 住宅設備全般 - 専門家プロファイル

大谷 正浩
株式会社リブウェル 
住宅設備コーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

大谷 正浩
(住宅設備コーディネーター)
松本 秀守
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

在来のお風呂からシステムバスに変えてみませんか?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 住宅設備全般
住まいの設備情報
在来のお風呂とはタイル張りなどのお風呂を言います。戸建の住まいでもシステムバスにリフォームする方が多いですよ。システムバス(ユニットバス)はマンションとか、アパート、ホテル用などと思ってる方も多いのではないでしょうか?しかもすごく安っぽいイメージを持たれている方が多いのも事実。

戸建用システムバスはたいへん高級なシリーズがあります。300万越えとか・・・。

一般用のであればそこまでかかりません。そして機能が充実しています。
とにかくあったかい!タイル張りのお風呂って「寒い」というイメージありましたよね。それが不満でしたよね。しかも、浴室に入った第一歩が「ひやっ」としないのです。私も以前つま先で入ってました。
そして、浴槽のお湯が冷めにくくなりました。フルオートの給湯器を使用していれば、浴槽の温度がある程度下がると沸かしあげます。浴槽のお湯が冷めにくければ給湯器も点火をしないので、光熱費の節約になります。

最後に床ですね。水切れが抜群に良いこと。
床が乾いてしまうので、翌朝靴下で歩けるし、汚れも残りにくい。

システムバスへリフォームは在来浴室工事に比べ工期が短いのが普通です。短いということは施工費の縮小にも繋がります。

ぜひゴールデンウィークは、ご家族でメーカーのショールームへお出かけしてみてください。
ショールームでは、システムバスの浴槽に入ってしゃがんでみましょう。
靴はぬいでくださいね。