「お客様に合わす」のではなく、「お客様が合わす」? - 保険選び - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「お客様に合わす」のではなく、「お客様が合わす」?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
保険 生命保険
今日、インターネットのニュースを見ていて、わざわざ、発表するから「何や?」と思い読みましたが、こんな事は保険営業の世界なら常識で偉そうに発表する方がどうかしてると思いましたね。

今回、国内大手のN生命が「生保レディー」と呼ばれる保険販売担当の営業職員を対象に、9月から土曜出勤を選択できる制度を導入することを明らかにしました。記事の内容を読んでみると、「営業先の職場のセキュリティー管理が強化され出入りが難しくなっている他、共働きの家庭が増加し、平日の訪問販売が非効率になっている為」らしく、他の生保も追随しそうとの事です。

現在、N生命の営業職員は、約5万人もいるらしく(多過ぎますね)、その殆どが女性であり、月曜から金曜の平日勤務が基本となっているとの事。9月からは、希望者に対し、土曜出勤が認められる代わりに、平日に振替休日を取る様に変更する予定らしいです。

私も、保険営業の世界で長いですが、「これって普通の事と違うの?」、「わざわざ大袈裟に発表する程の事?」って感じですね。

実際、今迄、お客様の都合に合わせ土日に仕事する事に疑問を感じた事もありませんし、サービス業ならお客様に合わすのが当たり前の事ではないでしょうか?やはり銀行と同じ金融機関なんでしょうね?

考え方が「お客様に合わす」ではなく、「お客様が合わす」のでしょうね。読んでいて自分が間違えていたのかと思わず錯覚してしまいました。時代も変わり、社員である営業員さんが就業規則や社内規則に縛られながら保険を販売する時代では無くなって来てるのでしょうね。数年後には、販売チャネルで直販と言われるチャネルがどの様になっているのか楽しみですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「保険」のコラム

厚生年金の加入拡大(2016/10/05 02:10)

かんぽ生命も販売停止(2016/05/01 14:05)