屋根裏は断熱層 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

佐藤 靖生
有限会社佐藤靖生建築研究室 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

屋根裏は断熱層

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
夏の暑い日ざしは屋根の瓦を容赦なく暖めます。
その熱は屋根裏に伝わってゆきます。夏場に屋根裏に潜ると
猛烈に暑く、5分もすると作業服まで濡れるほど汗だくです。
しかし、この屋根裏がなければこの熱は部屋の中に入ってし
まいます。屋根裏は断熱の役割や熱の伝わりを緩やかにする
緩衝部分でも有るのです。

昭和56年前後の住宅に多く見られる不思議な工事の例を
ご紹介します。
一般の住宅の屋根の妻側(雨どいがつかない、斜めの側)には
、その屋根の熱気を喚起する為の「孔」が空けられています。
スリット状であったり格子状であったり、飾りがついている
など見た目は色々です。屋根裏の熱気を喚起するこの孔です
が、驚くことに只の「飾り」で実際には孔が開いていないこ
とがあります。

空いていたとしても2つの内、一つだけということも珍しく
はありません。
夏の熱気や、露の湿気などはこの換気孔が無いと室内に家の中
に溜まり、暑かったり、湿気で屋根の下地が痛んだりして、
家の寿命を短くする要因となりかねません。
なかなか、お客さまが屋根裏や床下の点検をすることはでき
ませんが、ご自宅の健康診断として一度確認される事をお勧
めします。



佐藤靖生建築研究室
HPはhttp://www.asahi-net.or.jp/~ct7y-stu/
ブログはhttp://d.hatena.ne.jp/ystu/