中国における模造品と特許権に基づく権利行使(第1回) - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中国における模造品と特許権に基づく権利行使(第1回)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
中国における模造品と特許権に基づく権利行使 
〜改正専利法を踏まえた中国模造品対策シミュレーション〜(第1回) 
河野特許事務所 2009年7月8日 執筆者:弁理士 河野英仁


要 約
  2001 年WTO 加盟後,中国は知的財産権保護レベルを向上させるべく,法改正,裁判所の機能拡充及び人材教育等を迅速に進めている。その一方で依然として模造品の被害が絶えない。携帯電話機及びテレビ等,ありとあらゆる製品が模造の対象となる。本稿においては,日本企業が自社製品を完全にまねた模造品を中国で発見した場合にとるべき措置,及び,当該措置をとるために留意すべき中国での権利化方法について解説する。あわせて2009 年10 月1 日施行予定の改正専利法による影響をも考慮した模造品対策措置について言及する。

(第2回に続く)

ソフトウェア特許に関するご相談は河野特許事務所まで
 |  コラム一覧 |