最近の医療保険の傾向は先進医療付? - 保険選び - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最近の医療保険の傾向は先進医療付?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
保険 生命保険
最近の医療保険の傾向は先進医療付きでしょうか?

そもそも「先進医療ってなに?」と思っておられる方も多いのではないでしょうか?簡単に書けば「大学病院等が実施している先端的な医療の内、未だ公的医療保険の対象にはならないのだけれども、保険を適用すべきかどうか検討中である医療行為」の事です。

良く耳にする先進医療に「がんの粒子線治療」と言う物があります。がんを切除せずに治療する方法で身体への負担が少ない治療方法の1つです。先進医療は患者側の負担が大きい上に公的医療保険の対象外であり技術料は全額自己負担です。

その負担を少しでも少なくし受けやすくする為に、先進医療特約付きの医療保険が最近、増えてきていると言えます。

最近の傾向で保険営業員が猫も杓子も「先進医療」と言ってお客様に保険の切り替えを勧めている様ですが、実際、私の経験上から言いますと先進医療を受けて医療保険から給付金を受け取るケースは低いと言えます。

以下に厚生労働省の調査結果(平成18年7月からの1年間)を掲載しますが日本で約14000人以上が先進医療を受けた内、癌のケースの様に100万円以上の費用がかかった件数は約1割以下と少なくなっています。

今一度、勧められるまま加入するのでは無く、自分自身に本当に合っている保険は何かを考え加入される事をくれぐれもお薦め致します。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「保険」のコラム

厚生年金の加入拡大(2016/10/05 02:10)

かんぽ生命も販売停止(2016/05/01 14:05)