ウイスキーのラベルと日本の「包む」文化(3) - 心の不安・性格改善全般 - 専門家プロファイル

東京都
医師
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ウイスキーのラベルと日本の「包む」文化(3)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 心の不安・性格改善全般
(続き)・・但しそれだけ高価になる訳は、分かるような気がしました。本当に手間暇がかかるのです。ウイスキーには本来「寿命」があります。同じ年に樽詰めされた原酒でも、樽の良し悪しや周囲の環境などによって、成熟し切るまでの年数が異なります。

 つまりある樽は数年でピークを迎え、早々とボトリングされます。また別の樽は何十年経ってもピークに達せず、熟成し続けます。前者の酒は「早飲み」として、安い価格で市場に出回ります。一方後者の酒は「ヴィンテージもの」として、愛好家の垂涎の的となり、高値で取引きされます。

 一つの樽が早飲みかヴィンテージものかを見極めるのは、杜氏の細やかな「目利き」によります。ピークを過ぎてしまったら、売り物にならないのですから真剣そのものです。ちょっとした風味の変化を逃さず、その樽の寿命を見極めるのです。

 それにヴィンテージものとして生き残った樽の中では、ウイスキーが「汗をかく」そうです。つまり酒も呼吸をするので、水分が徐々に減っていくのです。その結果、何十年も経過した酒は、10分の1以下にまで量が減ってしまいます。それが高値に拍車をかけているのでしょう。

 我々は酒というと、単にアルコールが入った飲料、というように捉える向きもありますが、これほどの奥深さ、幅の広さというものがあるとは本当に驚きでした。それだけでなく、自然の営みの不思議さと、人間の工夫や想像力の素晴らしさというものも再発見した一日でした。

 このオフィス兼「酒蔵」を後にし、ウイスキーのほろ酔いを感じながら、或る展望が心に浮かびました。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。