男は結婚式の準備にどこまで関わるべき(2)? - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

男は結婚式の準備にどこまで関わるべき(2)?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
こんにちは。恋愛セラピストのあづまです。

 幸せに向かっているはずの結婚式の準備。でも、なんだか憂うつ。彼も忙しくて結婚式の準備に非協力的。私、マリッジブルーかも…。そんな風に感じる女性は多いはず。

 前回は、大切な彼女をマリッジブルーにしないよう、男性が気をつけるべきポイントを挙げましたが、今回は、女性の側で気をつけておいた方がよいポイントについてお伝えします。


 前回書いたように、女性は意識しないでいると、「あれをしてもらえなかった」「これをしてもらえなかった」というように、被害者意識になり易い脳を持っています。これは元々、子孫を残すために、誠実に世話をしてくれる男性を選ぶために進化、発達した能力ではありますが、現代社会では、赤ん坊が生き延びられないということは、そうめったにあるものではありません。
 ちょっと仕事が忙しくて、結婚式の準備が彼女任せになったときに、過剰にネガティブな反応が返ってくると、今度は彼の方が「こんな怖い女性と結婚生活していけるんだろうか?」と不安になってしまいます。
 男性は、女性のネガティブな感情表現が、女性が思っている以上に苦手です。
 これは、根拠はないので推測ですが、男性もセックスして精子を提供するだけではなく、子育てに協力したり、女性の恋愛感情が開くまで色々サポートして尽くしたりと、貴重な時間とエネルギーを費やすように人類は進化していますから、相手選びの目も磨いているのではないかと考えています。子供は、叱られる前にまず、母親に包まれるように愛されることが必要ですから、子供に対して怒りを向ける怖い女性ではなく、ダメなときも優しく包む包容力のある女性を、自分の妻として選ぼうとするのではないでしょうか。それを考えると、安心してくると男性が甘えん坊になって、子供っぽくなるのも、実は優しくつつむことの出来る女性を選ぶため、という子孫を残す上での重要な意味があるのかもしれません。このように考えると、女性は、男性が仕掛けてくるこの試験に合格する必要があるわけです。

 さて、説明が長くなりましたが、男性は女性のネガティブな感情表現が苦手で、特に怒りをぶつけられることは、大きなマイナスポイントと感じます。
 ですので、女性にアドバイスするとしたら、ネガティブな感情表現ではなく、何かをしてくれたら喜び、感謝する、というポジティブな感情表現で粘り強く動機付けすることを強くお勧めします。まずは、自分が結婚式の準備を楽しむことでしょう。そして、「こんなに楽しいことなんだから、一緒にやろうよ!」「あなたと一緒に準備したら、もっと楽しいのになぁ・・・」と、あくまでポジティブに誘いましょう。
 また、男性は、結婚前になると「家族を養うために、仕事をしっかりしなきゃ」などと感じるものですから、そのプレッシャー、責任を女性の側が分かってあげていないと、「経済的なことは一人で背負わなければ」と感じて、ますます仕事に向かってしまいます。
 よく頑張ってるね。(多少の経済的な浮き沈みがあっても)あなたを信じてます。だから、「俺が一人で稼がなきゃ」というプレッシャーは感じなくて大丈夫だよ。という気持ちを向けることが出来れば、彼も安心して彼女のことを第一に考えられるでしょう。

 マリッジブルーだからと悲観したり、相手のせいにしたりせず、これをきっかけに、お互いもっと幸せになれる関係を作ろうと、前向きに捉えてみてほしいと思います。
 |  コラム一覧 |