まだまだある通行量を用いた怪しい予測1 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

林原 安徳
有限会社 ソルブ 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

まだまだある通行量を用いた怪しい予測1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
通行量を気にしすぎると失敗する
さて、そこまで乱暴なことはしなくても、通行量を用いて、もっともらしい売上予測をしている人達もいます。
それは、通行量に係数をかけて直接、売上げを算出するものではなく、一度通行量になんらかの補正する数値を掛けておいてから、売上げを算出するというものです。
これも、理屈はなんとなく納得できても、実は当てにならないウソの予測です。

その理屈とはこうです。
通行量が同じでも、先ほどにも出ましたが、店舗の置かれた条件がいろいろと異なります。
ここに着目するのです。
そこで、「お店が見えやすければ1.2倍」とか、「お店への入りやすさに難点があれば0.8倍」のように通行量を補正する。
こういうやり方をすれば、確かに「通行量を直接使ってはいません。店舗の実情に応じてきちんと補正しています」という言い訳にはなるでしょう。
しかし、だからといって、補正そのものが正しくなければ、なんにもなりません。

PR


統計てきめん2プレミア】出店判断に必要不可欠な商圏データ(人口や世帯数など)を、簡単スピーディ、安価に集計できるソフトウェア。