ピアノ教室の生徒募集は、レスポンスの速さが命 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

藤 拓弘
リーラムジカ 代表
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ピアノ教室の生徒募集は、レスポンスの速さが命

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
ピアノ教室運営について ピアノ教室の管理業務
ピアノ教室に限らず、お問い合わせの対応は何よりも大切です。
生徒募集の鍵は、ここにあるといつも思っています。


お問い合わせ時が一番ホットな状態


私も何か問い合わせをするときは、電話やメールですぐに聞くようにしています。
人間は、具体的なアクションを起こすときが一番気持ちがホットな状態です。


「この情報が欲しい」

「ここに問い合わせると有益なものが得られそう」


という思いが高まったときに、人はお問い合わせという具体的なアクションを起こすわけですね。

ですから、この「気持ちが高まっている状態」のときに、期待しているレスポンスを
受け取ることで、人は「満足感」を感じます。


ピアノ教室のお問い合わせ時が大切


このことは、ピアノ教室においても同じことです。

「ピアノを習いたい」

「この教室の情報が欲しい」

と心から思ったときに、人は電話なりメールなりでアクションを起こします。


その際ピアノ教室側は、お問い合わせをして戴いた方の気持ちが冷めないうちに、
お問い合わせへの回答、体験レッスンのお申込みなど、
素早いレスポンスが大切になってきます。


これは、速ければ速いほど良いです。


逆に、お問い合わせから1日でも経ってしまうと、教室の管理業務の粗さ、
運営のあいまいさを露呈してしまうことになりますので、
とにかくすぐに対応することが大事です。


どんなに忙しくても原則24時間以内に返答


昨今では、メールフォームでのお問い合わせも増えてきていますが、
「原則24時間以内の返信」を心掛けるべきだと思います。


レスポンスの速さは、ゆったりとした個人ピアノ教室業界においては、
それだけで「差別化」につながることもあります。


生徒さんの中には、「問い合わせへの対応が速かったから決めた」という方も少なくありません。


大切なのは、「速さ」と「思いやり」


ここまで、問い合わせへの対応のスピードについて述べてきましたが、
スピードももちろん大切な要素ではありますが、最も重要なのは、
問い合わせをして戴いた方への「感謝」ではないか、と思います。


数あるピアノ教室の中から自分の教室を選び、そして心理的なハードルを乗り越えて、
お問い合わせという行動に移してくださったわけですから、
そこにはやはり感謝の気持ちが必要か、と私はいつも思っています。


そこから「思いやり」に結びつき、丁寧な対応、そして親身な「相談役」としての
役割も果たせるのではないか、と思います。


ピアノ教室運営の鍵は、そういう「教室運営者マインド」にあるのかもしれません。



※ピアノ教室運営に関するコンサルティングの詳細は、こちらからご覧いただけます。