窓か壁か<流山ーHについて02> - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

高安 重一
有限会社アーキテクチャー・ラボ 代表取締役
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

窓か壁か<流山ーHについて02>

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
流山ーH
千葉県流山市にできた住宅の設計プロセスをコラムにしています。

各階で床面積が違っていても自由に形が変えられる、
という方法を提案して、打合せが進んできました。

今回は、ほぼ床面積が決定して、じゃあ2階のリビングに長くいることが多いから、
気持ちのよい開口部はどんなのがあるか、と開口部の検討をした写真。

右の写真は、
最初に考えた上から下までガラスの壁。
街に対して開かれたガラスの壁です。

一方、左の写真は壁に横長の窓が連続している。
そして、3階とのズレた屋根はトップライト。
椅子に座ってテレビを見たり、そして景色も見えるような1.2mの高さの窓。

2つの考え方を、もう少し突っ込んで検討しようということになりました。