ギャラクティカに見る、SFドラマ演出術 #1 - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
石川 雅章
(広告プランナー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ギャラクティカに見る、SFドラマ演出術 #1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
メディアと映画、ずっと楽しい関係。 気ままに映画・TVコラム
宇宙でバトルです。
スフィンクスです。
そして、
ギャラクティカです。

こんにちは、山藤(サンドウ)です。

気ままに映画・TVコラムとして書いています。
今回は、SFドラマの新しいスタイルを作り出している「バトルスター・ギャラクティカ」です。

この、バトルスター・ギャラクティカは、
30代以上の年齢の方なら、懐かしさとともに覚えていると思います。

そう、

1978年に、スタートした、SFTVドラマ、


「宇宙空母ギャラクティカ」のリメイク物です。

ちょっと、背景をお話しすると、
1977年に、アメリカで、あの「スター・ウォーズ」第一作が公開され、
空前のヒットを飛ばして、それから時代は、夢のSF映画&TVドラマブームがやってきます。

映画では、



エイリアン、
スタートレック
ターミネーター


など1980〜1990年代を代表するようはSFシリーズが次々と制作されますが、

TVドラマでは、



バックロジャース、
アメージングストーリーズ、
そして、
宇宙空母ギャラクティカ


が登場します。

中でも、この宇宙空母ギャラクティカは、TVドラマでは空前の予算が付いたり、
設定がやたらに凝っていたりと、なにかと話題の多い作品でした。

あまりに予算が多かったのか、
その後、撮影に使用したロボットやら、ロケットやらを、
ユニバーサルスタジオ・スタジオツアーに使用していたくらいのです、

日本からのツアーで、見た人も多かったのではないでしょうか?



内容は、
はるか遠い昔に、宇宙コロニーを築いていた人類は、''サイロン帝国''との和平を締結直前に、
先制攻撃されて、人類は滅亡してしまいます。

最後に残った5万人の民と、宇宙空母ギャラクティカが流浪の民として、
宇宙をさまよい伝説の地である、
地球を探して、旅をするという壮大なものでした。

つづく。

バトルスター・ギャラクティカ 評価=★★★★★

バトルスター・ギャラクティカ:公式サイト

クリエイティブ・プロダクション 広告デザインと映像のエスオープランニング