お客様を平等に扱わないでPR - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

今井 英法
マハロマーケティング合同会社 PRコンサルタント
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お客様を平等に扱わないでPR

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
広報・PR|マーケティングでPR
マハロマーケティング
PRコンサルタント、ローコスト・ブランディング・プロデューサー
今井 英法(いまい ひでのり)です。

マハロPR塾へ、ようこそ。


今日のテーマは、お客様を平等に扱わない



昨日は、スーパーへ選ぶ基準が、
「家から近い」だった、話しをしました。

大手スーパーのバイヤーだった方から聞いた話です。

お客様を平等に扱わない。
馴染み客をえこひいき、すればいいのです。

ポイントカードを導入している店舗では、
来店数、購入額で差別化して、
懇意のお客様を、お客様を徹底的にもてなします。

・レジで、さらに割り引く
・住所ほか詳細を聞き、定期的な案内、割引チケットを送付する
などなど。

「近いから」は、感情的な言葉なんです。
値段で、行くスーパーを決めていないのです。
合理的な考えをもってもらっては、困ります。
夢心地でいてもらはないと。

ご参考になれば、幸いです。

次回、もう少し、具体的に、
どのようなPRをしたらいいのか、お伝えします。

では、また次回のマハロPR塾でお会いしましょう。


メルマガ[マハロPR塾]考えるマーケティングPR思考