「パッシブ土間」の失敗 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「パッシブ土間」の失敗

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
空間の詩学
「パッシブ土間」の失敗

2階にリビングを持っていったので、1階は南に面して一軒幅の「縁側廊下」を設け、家族の個室をこの「縁側廊下」に面して一列に並べた。
一度、この「縁側廊下」を現代の家に活かしてみたかったのだ!
「縁側廊下」は深い庇と共に、夏場、室内に暑い直射日光が入るのを防いでくれる。そして、冬には高度の低い太陽が室内の奥まで日差しを届けてくれる。

この「縁側廊下」をタイル貼りにしたのは、冬場、日中に差込む日差しがこのタイルの床を暖め、夜にはペリメーターゾーンに対してタイルに溜められた熱が放熱して、バッファーとなってくれることを期待した「パッシブ土間」の機能を持たせたかったからである。

しかし、この期待は甘かった。
高度の低い太陽ではタイルが全然暖まらなかった。
時々、施主の了解を得ながらこんな実験をしては、失敗して施主に頭を下げることがあります。
勿論、効かなかった時のことは想定してそれなりの対処はしているので、あまりお叱りを受ける事はないけど、、