鉄製の階段手摺 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

増井 真也
建築部門代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

鉄製の階段手摺

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
けんちくの現場にて
赤塚の家の現場では、鉄製の階段手摺を取り付けました。鉄という素材の良いところは、その強度が木と比べると非常に強い事を利用して、線を細く見せることが可能であるということです。特に吹き抜け周りの手摺など、開放感を大切にしたいところでは有効です。
たとえばますいいで手摺子に利用するフラットバーは通常厚さ9ミリ、幅40ミリ程度です。しかしこれを木製の手摺柱にしようとすると最低でも90ミリ角は欲しいところです。これを比べても素材による線の太さの違いは明らか。
そしてもうひとつ鉄の利点があるとすれば、それは溶接によって接合部を自由に作ることが出来るところでしょう。写真の様子は斜めの手摺と吹き抜け上部の水平部分をつなぎ合わせているところです。これが木だったら、このように点と点でつなぎ合わせることなど絶対に不可能ですが、溶接という技術を利用すると簡単に行うことが出来ます。デザインを進めていく上でディテールをきれいに納めることは不可欠ですが、この点でも鉄は非常に便利な素材といえるでしょう。