〜 歯の色 〜 - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

医療法人社団 MEDIQOL 理事長 歯科医師
東京都
歯科医師
03-5228-3788
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

〜 歯の色 〜

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
歯科の蘊蓄
 
 容姿をより美しく若々しく見せる白い歯を保つことは、海外などではエチケットとして定着しています。


 日本でも、ホワイトニング効果のある歯磨き剤も増え、歯をより白くしたいという人が多くなってきています。




  歯が変色する3 つの原因
 

 
 I 歯の表面の汚れ

 
 最も多いのが、食品の色素が浸透して変色する場合。
 
 歯のエナメル質は、何百万本という半透明のガラス繊維のような小柱からできています。
 
 その小柱と小柱の隙間に残った色素は、歯磨きで取り除くことができません。
 
 もちろん、毎日丁寧に時間をかけて歯磨きをしたり、着色しやすい食品を摂った後、すぐに歯磨きするなど心がければある程度落とすことができます。
 
 プロのクリーニングを受けるだけで落とせる場合もあります。


【着色しやすいもの】タバコ、赤ワイン、しょう油、コーヒー、紅茶、カレーなど



 
 II 加齢・遺伝
 
 
 髪や肌の色が人それぞれ異なるように、歯の色にも個人差があります。
 
 歯の内部にあり神経を守る「象牙質」は、もともと黄色がかっており、年齢と共にじょじょにその色が濃くなっていくため、透明なエナメル質を通してだんだん黄色が目立つようになります。
 
 この場合は予防が難しいため、黄色が気になる人は、ホワイトニングがおすすめです。
 



 III けが・薬
 

 歯の病気や、歯をぶつけて外傷ができたり、薬剤の副作用が原因で変色する場合。

 これが原因の場合は、残念ながらホワイトニングでも白くするには限界があります。

 歯を白くするだけならホワイトニング。効果は、白く見せることで自信がつく、若返るといった美容的なものです。

 しかし、歯を白くするだけでなく、虫歯や歯周病予防効果という人におすすめなのは、歯のクリーニングです。

 かかりつけの歯科医院に相談してみましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
医療法人社団 MEDIQOL 理事長 歯科医師

インプラント治療と予防歯科に特化。医療を通じ貴方の一生を支援

人々の豊かな生活を医療の視点から支援したいという理念を掲げ、都内7箇所に歯科医院を展開。インプラント治療と予防歯科に特化し、科学的根拠に基づいた歯科技術の提供はもちろん、「歯をキレイに、機能的にしたい」という方々の期待に最大限お応えします。

03-5228-3788
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「歯科の蘊蓄」のコラム

〜歯を白くしたい!〜(2009/02/16 14:02)