〜 妊娠と歯 〜 - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

医療法人社団 MEDIQOL 理事長 歯科医師
東京都
歯科医師
03-5228-3788
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

〜 妊娠と歯 〜

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
歯科の蘊蓄
 良く「一人子供を産むごとに、歯が悪くなる」と言われます。


 その理由は、子供にカルシウムやリンが母親の歯から取られてしまうためではありません。


 確かに妊娠中は、「虫歯」や女性ホルモンのバランスにより起こる「妊娠性歯肉炎」や「歯周病」といった、さまざまなお口の病気になりやすいです。
 
 
 そこで今回は、妊娠中でもお口の病気にかかりにくくするための予防法について、まとめました。
 

 

 プラークコントロール
 

 妊娠中は生活が不規則になるのと同時に、食生活もともすれば変化しがちであることで病気の原因にもなるプラークのコントロールが出来にくくなります。
 
 間食の摂取回数が増えたり、食物の内容が変わり、どうしても口腔内の清掃状態が不十分になりがちで、プラークが付着する原因となります。非妊娠時以上に健康を保つためにも、プラーク除去に注意したいものです。
 

 
 
 歯の治療 
 
 
 産まれてくるお子様の口腔内の細菌は、育児を行っている大人の口腔細菌から感染することが解明されてきました。ですから、将来のわが子のためにも、妊娠中にプラークを作りやすい環境(虫歯・歯周病)を治療することによる、口腔内細菌のコントロールをお勧めします。
 

 
 
 栄養のバランス
 
 
 歯には関係ないと思われがちですが、子供に健康な身体や強い歯をプレゼントするためにも、規則正しい食生活と栄養バランスを考えた食事を摂取することが大切です。





☆つわりの時期は難しいかもしれませんが、できるときに出来ることをしてあげてください☆

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
医療法人社団 MEDIQOL 理事長 歯科医師

インプラント治療と予防歯科に特化。医療を通じ貴方の一生を支援

人々の豊かな生活を医療の視点から支援したいという理念を掲げ、都内7箇所に歯科医院を展開。インプラント治療と予防歯科に特化し、科学的根拠に基づいた歯科技術の提供はもちろん、「歯をキレイに、機能的にしたい」という方々の期待に最大限お応えします。

03-5228-3788
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「歯科の蘊蓄」のコラム

〜歯を白くしたい!〜(2009/02/16 14:02)