食道ガンと大腸ガン - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

吉川 祐介
Wecareカイロプラクティック&ナチュラルケア 院長
カイロプラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

食道ガンと大腸ガン

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
補完・代替療法について 統合医療
今週の東京女子医大での講義は、生活習慣との関わりが深い消化器の悪性腫瘍を勉強しました。

食道ガンは、50代以降の男性に多発するもので、喫煙やアルコールの常飲、熱い食べ物などの生活習慣で発ガン率が高くなります。食道は、外側が漿膜に包まれていないのでリンパ節に転移しやすく、また手術すると口からものが食べられなくなるなどの問題があり、早期発見しないと予後が悪いガンのひとつとされています。

大腸ガンも50代以降の男性に多く、運動や繊維質のものをたくさん採ることで予防が可能な悪性腫瘍です。

これらのガンが家族性に多発させる遺伝子があり、一等親に若いガン患者が出ている場合には注意が必要なようです。

その診断には、DNAの解析が使われています。
地下のラボでは、そうしたDNA解析が研究されていて、実際の装置とチップを見学してきました。
DNA解析装置は、次々と開発が進んでいてまさに日進月歩といった観があります。
開発が進むとともに、診断コストも減少するようです。


吉川祐介
Wecareカイロプラクティック&ナチュラルケア