化粧品・健康食品 「使用前後写真」の使用法 - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

浜田 智美
浜田 智美
(Webプロデューサー)
石川 雅章
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

化粧品・健康食品 「使用前後写真」の使用法

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ 薬事法・景品表示法に関する広告表現
結論から申し上げると

化粧品:使用前後写真の同時掲載は NG(薬事法違反)


*メイクアップ・肌表面の物理的効果であればOK

健康食品:使用前後写真の同時掲載は OK *注



*注:健康食品は使用前後写真を使用可能ですが、「効果効能」を意味する広告表現(見せ方)はNG(薬事法違反)となります。

例えば、以下のような効果効能を使用前後として表現する場合、すべて薬事法違反となります。

「ポリフェノールを多く含んだフラバンジェノールは抗酸化作用があります」
「目に活力! ブルーベリーのサプリメント」
「コンドロイチンが膝関節に」
「コラーゲンサプリが肌の弾力とハリを与えます」

なぜか?
「健康食品の効果効能=医薬品」としてみなされます。つまり、薬事法違反
改めて、「健康食品=健康維持」が定義


健康食品の中でも唯一効果的に使用前後を使用できるのは「ダイエット」




物理的にカロリーが低い食事と運動をすることによって、
「使用前は○○キロが、○○キロへ」

そこで注意しなければいけないことは、景品表示法


その使用前後の内容に偽りがあった場合、「排除命令」の対象となります。


景品表示法 Q&A ベーシック編

メールマガジン登録

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム