iA「設計者が提案するバスタブ50の選択肢」に紹介 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

iA「設計者が提案するバスタブ50の選択肢」に紹介

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
お知らせ
エクスナレッジ社から出版されているインテリア誌「iA interior/ARCHITECTURE 12」の「設計者が提案するバスタブ50の選択肢」の紙面に、いくつかおススメのバスタブを紹介させていただきました。
一見、専門家向けの雑誌に見えますが、写真も美しく、一般の方が読んでも面白く勉強になる雑誌だと思うので、よろしければご覧ください。

「快適なバスルームを・・・」という要望が多い中、いつもそれぞれのクライアントさんに合ったバスタブを探すのですが、その中でもおススメのバスタブです。バスタブを選ぶ際、デザインももちろんですが、質感も重要なポイントですね。照明の光が映ると、同じ白でも違った風合いを見せます。何の素材でできているか、またそのメンテナンス方法も確認しましょう。(写真は、Wakaba-Houseのバスタブです。)

あと、とても大切なのは、自分の身体にフィットするかどうか。よく「足を伸ばせるお風呂にしたい」と大きめの浴槽を望まれる場合も多いのですが、大きければいいというものでもなく、長さ・幅ともに、ちょうどいい大きさがあります。家族ひとりひとりの身体のサイズも当然異なるので、誰か一人に合わせるのではなく、皆が心地よいと思えるものを選ぶ必要があります。「身体の小さめな女性やお年寄りなどが不安感なく入浴できるサイズ」ということも頭に入れて選ぶといいですね。

うちの事務所では、クライアントさん家族を連れショールームへ出向き、実際にバスタブに入ってもらってから選んでいただくようにしています。カタログで見るのと実際に入るのではかなり印象が違うようですので、皆さんもなるべく実際に入ってみることをおススメします。(ただ、ショールームの実物展示がまだまだ少ないので、もう少し増やしていただけると助かるのですがね。。。)

なお、「iA interior」の紙面に、ここでも自社のHPでもまだお見せしていない「光が丘のチークハウス」という物件のバスルームの事例写真も、ちょっとですが掲載されていますので、よろしければご覧いただければと思います。

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「お知らせ」のコラム