今度は「クラウド」ですか - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今度は「クラウド」ですか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はクラウドコンピューティングについてのお話です。

最近「クラウドコンピューティング」という言葉をよく耳にします。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20080708/310352/

IT系の雑誌やセミナーなどで聞かれた方も多いのではないでしょうか。

一般的にクラウドコンピューティングとは、インターネットの先にあるサーバーに処理をしてもらうシステム形態を指す言葉として使われています。

昔から説明資料などでインターネットを表現する際に、雲「クラウド」のイメージ図を描くことが、実際よくありました。
私も昔はよく雲のイメージ図を書いたものです。

しかしこの「クラウドコンピューティング」。
技術的な側面など細かく見ていけば、新しい部分があるのかもしれませんが、ユーザー側からすると、ほとんどの人がピンときていません。

ユーザー側からすると、クラウドコンピューティングもSaaSもASPも一緒です。
インターネットを介して情報をやり取りするサービスであることは、どれも一緒です。

技術に関心がある一部のユーザーを除いて、多くのユーザーにとって大事なのは細かい技術的な話ではありません。
特に経営者の場合には、このITが経営に役立つのかどうか、利益を生むのかどうか、儲かるのかどうか、といった経営の視点の話が重要です。

経営者目線でのコミュニケーション。今後IT業界が更なる成長をしていくためのキーポイントの一つになってくるでしょう。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)