暮らしをデザインする! - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

青木 恵美子
AAプランニング 代表取締役
神奈川県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

暮らしをデザインする!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
インテリア〜自分スタイルで暮らす インテリアをつくる!ー自分スタイルのセンスの法則

暮らしをデザインする!



YKKap住文化サロン セミナー 無事に終了しました。

お陰さまで、定員40名のところ48名のお申込をいただき、ありがとうございました。

今回のテーマは・・・

 光と風をデザインする 〜風土になじみ 気配を感じる住まい〜

私自身 建築家として箱をつくることでなく、暮らしをデザインする というスタンスで家づくりをしてきましたので、暮らしをどのようにデザインするか。。。について、お話しさせて頂きました。

暮らしをデザインする=住文化を考えること。

日本と欧米の住空間の比較から暮らしを紐解きます。日本と欧米の住空間の違いは、実は地域の気候風土がつくっているというお話をわかりやすくお話しします。
私達が20世紀につくった文明の利器であるエアコンや家電により 生活、そして建物の形態までが変化してしまいましたが、本来地球が持っている気候風土によって建物の形態はあったはず。。。
そしてそれが地球環境の理に叶っていたはず。
でも、それより文明の利器の便利さが重要視され、形態まで変えてしまいました。。。。

それっていいのかな???
指一歩んでピピッといろんなものが操作できることは便利でいいのですが、便利がいいのかな???

日本には日本の風土に合う建築があるはず!!! と私は思います。

自分の家、自分の街 に誇りを持つこと 大切かな。。。

今回のセミナーは、光と風をデザインする ことについて、設計した住宅の事例をご紹介しながらお話しさせて頂きました。

 ◆自分の空 を感じる窓
 ◆自分の木 を感じる窓
 ◆周辺の景観を取り込み、街を感じる窓 
 ◆お帰りなさい窓
 ◆温もりホッと窓
 ◆オーイ!お茶窓  などなど。。。

こんな窓があると、季節を感じ、家族のコミュニケーションが生まれ 生活が豊かになります

窓って 光を取り入れたり、風を通すだけではありません。。。

暮らしをデザインする大切なものなのです!


ご案内



暮らしをセンスアップするインテリア教室【+i.style】

OZmallプレミアムレッスン

有限会社AAプランニング
台場スタジオ  東京都港区台場2-2-2 THE TOWERS DAIBAイースト617
         TEL: 03-5500-0521   FAX: 03-5500-9551
         E-mail: aaplan22@nifty.com

コラムに関するご感想&お問い合わせ