大変でも、満期まで掛けていたほうが得?【養老保険】 - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大変でも、満期まで掛けていたほうが得?【養老保険】

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
生命保険 養老保険
【 養老保険に関するご相談 】

こんにちは、いつもメルマガ読ませていただいております。
とても勉強になります。

私の相談は、現在入っている主人の養老保険のことです。

主人は71才で20年ぐらい前に
80歳満期の養老保険にはいりました。
保険金は2000万です。
保険料は年払いで約65万円です。

掛け金も大変なので 今払い済みにしたらと、
考えて保険会社に問い合わせをしましたら、
保険金が1600万になるとの回答でした。

そこでご相談させていただきたいのです。
いかがなものでしょうか?
このまま大変でも満期まで掛けていたほうが得策ですか?

ちなみに払い済みのことは、このメルマガで知りました。
よろしくお願いします。


【 CFP伊藤のコメント 】

 まず、20年ぐらいというのが不確かですね。
正確な年月日だと良いのですが・・・。

主人は71才で20年ぐらい前ということで、
仮に年払いで約65万円を昭和63年から30年間支払う養老保険ということで
計算してみましょう。

 (1)昭和63年の養老保険は最高に利率が高いお宝保険ですので、
    解約は絶対にしないほうがお得です。

 (2)約65万円*20年ぐらい=1300万円が、80歳で1600万円もどります。

 よって損得では、このまま大変でも満期まで掛けていたほうが得策です。


 ここからが、FP的なアドバイス。

 主人71才で後9年間、このまま大変でも満期まで掛けることが、
お二人にとって幸せかどうかが、ポイントです。
 最悪のケースは9年間内で夫が亡くなってしまっては、せっかく貯めたお金を
夫は有意義に使うことができません。

 個人的な考え方かもしれませんが、養老保険は貯めたお金を有意義に使ってこそ、
価値があると思っています。

 もし、毎年65万円の支払いが大変であれば、払い済みはグッドアイデアです。
そして、これから毎年65万円をお二人のため、有意義にお使いになられてはどうでしょうか。
 これは、とても大きな手続きになりますので、慎重に行いましょう。
一度行ってしまうと、取り返しがつきません。


◎あなたのために、最適な保険プランを立案します!
今あなたが加入している保険が本当に“適正”であると言えますか?
あなたの保険にムダがないかどうか、お調べします。