古い家はダメなのか 2 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

志田 茂
志田茂建築設計事務所 代表
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

古い家はダメなのか 2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
リノベーション>リフォームを超えて 古い家に住む
古い家も、もともとの家の作りや状態によって全く違います。
昔は、大工さんが、施主との簡単な話で間取りを作り、家が出来上がっていました。
古い家の多くに見られるのが・・・「なんでこんなに窓があるの?」 と思うくらいの沢山の窓。

「明るい家がいいから!」 ・・・ なんでしょうね。

施主も大工さんも、それに別に疑問をもたなかったのでしょう。
木の柱と梁で作られる木造の家は、まず、どんな事しても自立できます。
大地震がない限りは、それでもいいんです。

でも、実際に日本各地(世界でも・・)で大地震が起き、多くの家が倒れ、多くの人が犠牲になっています。
それを考えれば、今現在の法規に適合する、「地震でつぶれない家」にする事、は大切な事です。
それができる人は。。。。

でも、それができる人ばかりではありません。
家を持ちたくても 古い家 を選択しなければならない人もいます。


(つづく)