3損保 三井住友海上・あいおい・ニッセイ同和 - 民事事件 - 専門家プロファイル

ジコナビ代表 前田修児
行政書士事務所・交通事故ナビ ジコナビ代表
大阪府
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
鈴木 祥平
(弁護士)
東郷 弘純
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

3損保 三井住友海上・あいおい・ニッセイ同和

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件
相談事例! よくある相談

先日(12/28)マスコミ各社によって、「3損保 統合交渉 三井住友海上・あいおい・ニッセイ同和」が伝えられました。



それを受けて次のような相談・問い合わせが寄せられています。

「相手の保険会社がこの中に含まれるのですが、私の後遺障害等級の認定に影響は出ませんか?」



この質問を保険会社に行うと、おそらく次のような回答になるはずです。
「後遺障害等級の認定は保険会社が行いますが、中立・公正な第三者機関の調査結果に基づきなされるため経営統合の影響はありません。」と。

私も結論には賛成です。経営統合の影響はないだろうと思います。
しかし、中立・公正かどうかは疑問があるところで、交通事故被害者が適切に後遺障害等級の認定が受けづらい原因はそこにあります。
そのため、ここに影響がない限り、3損保が経営統合しても後遺障害等級の認定に影響はないものと考えます。

交通事故被害者は経営統合に振り回されることはありません。


適切な後遺障害等級の認定が受けられるよう、認定基準に沿った医学的所見に向けて頑張るだけです。
しかし、それこそが一番難しいところであるため、医師とのネットワークを活かしてジコナビは活動しています。
経営統合のことは気にせず、後遺障害の立証に必要なことに集中して欲しいと考えます。

むしろ、経営統合にあわてているのは被害者よりもそこで働く人たちのような気がします。


お問い合わせ先
ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)
〒533-0031大阪府大阪市東淀川区西淡路1-1-9
ビジネス新大阪328号(新大阪駅 駅前)
電話06-6136-6011/FAX06-6136-6012
行政書士前田修児

※お問い合わせは、お電話でも大丈夫です。