今年も皆さんのおかげでなんとかなりました - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

敷浪 一哉
有限会社シキナミカズヤ建築研究所 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今年も皆さんのおかげでなんとかなりました

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
お知らせ的情報
毎年感じることですが、あっというまに年末になってしまいました。
今年は独立して4年目になりますが、今までで一番たくさんの建主さんと関わりを持てた年でした。
飛行機でいうと滑走路での加速がやっと達して地面から車輪が離れ宙に浮き始めた状態というところでしょうか。
最近僕の中の新しいバイブルになりつつある「住宅作家になるためのノート」という本があります。
尊敬する建築家の先輩方に、このコラムにも何度か登場している友人の須永くんも執筆に加わり作成されたこの本。
建築家という人間像を、住宅を中心に活躍する建築家を住宅作家と称して描いています。また、家をつくるときにこんなことを考えながらやるとよいのではないですか?ということをとてもわかりやすく、また、作者個人の人間味を残して説教くさくならないように、描かれています。
ですので、これから家づくりを始めようと考えている建主さんも是非読んでみるとよいなぁと思いました。
自分自身のイメージを膨らますということもありますが、「建築家は家を設計するのにこんなにたくさんのことを考えているのか」ということがわかっていただけるんじゃないかな と思います。

さて、おかげさまでこの年末年始はやらなければならない仕事がたんまりとあります。
しかし、煩雑な事務所を整理しなければならないし、年始は毎年恒例の家族旅行に行かなければならないし・・・と、仕事以外の予定も盛りだくさんです。うれしい悲鳴なんですけどね。

うれしいついでにもう一つ。
来年の夏頃、家族が増えることになりそうです。
まだまだ予断を許さない時期なので、相方にはゆっくりと静養してもらわなければならず、
そのために家の模様替えもしたり家具を増やしたりもしました。
まあ、なんにしても忙しいですわ。

そういうわけで、この年末の仕事はなかなか進んでいません。対象の方々ごめんなさい。


そして、このままシキナミカズヤ建築研究所は正月休みに入ります。


建築と建築家と設計事務所と住宅と横浜と家族と・・・
シキナミカズヤ建築研究所