周りがやっていいこと、よくないこと - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

エナジー・コーチ エナジー・コーチ
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

周りがやっていいこと、よくないこと

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
セルフ・ヘルプ 境界線 (Boundaries & Standards)
昨日は、自分に対するスタンダードのお話でした。
その自分に対するスタンダードとセットにして持ちたいのが
英語のBoundaries というもので周りとの境界線。

スタンダードが自分に関することと比べると、こちらは
周りの人に関するもの。

周りの人が、自分に対してやっていいこと、
よくないことを自分の中でちゃんと線引きをしておくことを
さします。

つまり、周りに対する「NO」です。

たとえば、こういう言葉使いはされたくない、こんな
扱われ方はされたくない、こういうことはしてほしくない、
というようなものはすべて、この境界線になります。

私たち自身に対するスタンダードがそれぞれ違うように、
この境界線も人によって違うので、周りに伝えておかないと、
周りの人たちは知らずに踏み越えてきてしまうことも。

日本語にも親しき仲にも礼儀あり、なんてありますが
ときに人はそれを忘れるときがあるのです。

たとえば、無理なお願いをされたり、自分のやれる範囲を
超えて何かを頼まれたりしますよね。または、ひどい扱い方を
されたり。

そのとき、この境界線を普段から示してあれば、
始めから頼まれなかったり、または、お願いされても
押し返す(断る)こともできます。

ひどい扱われ方をしたときなら、口に出してそれは
やめて欲しい、いやだ、ということもできます。

でも、普段からこの線引きが自分でできていない、
自分でよく見えていない(意識していない)、それから
遠慮してしまう、なんていうときがあります。

すると、誰かに本当は踏み込まれてしまっているのに
何もいえなくなってしまい、頼まれごとを仕方なく
引き受けてしまったり、または不当な扱いを
受けたりしてしまいます。

不当な扱いを受けるのは、ときに私たちがそれを
周りに許してしまうときでもあります。だから、この線を
守ることは、私たちを守ることにもなります。

つまり、スタンダードと同じく、この境界線も
自分に対する愛情ということに。自分を守ることは
大事ですから。

たとえば頼まれていやなことならやらなくていいように
自分を守る。いやな言葉使いをされて自分の気分が
害されないように、まず言わせない、または
言われたらちゃんと抗議する、などして自分を守る。

誰かが守ってくれるならいいですけれど、自分で自分を
守るしかないときのほうが圧倒的に多いはずだし、
自分の心となると、自分でしか守れません。

また、自分の周りにいる人たちを選ぶにも
境界線が役に立ちます。

人を選ぶ、というと少々傲慢のような気がするかもしれませんが
親しくする人たちなら、私たちは無意識に選んでいます。
また、無意識に引き寄せていることもあります。

境界線がはっきりしていなかったり、低かったりすると
自分をよく扱わない人が集まってきたりするかも
しれません。

もちろん、人をいつでも選べるわけではありませんよね。

が、自分のスタンダードを高くしていれば、類は友を呼ぶの
法則から、同じようなスタンダードの人が集まってきます。



また、自分の境界線をはっきりしておけば、引き寄せる人を
選ぶことにもなるでしょう。周りにいる人たちは、自分の状態を
表しているものですから。

あなたは、自分の境界線、周りへの「NO」を持っていますか。
また、持っているだけでなく、必要なときに周りに伝えて
いますか?

何か頼まれるとなかなか断れないのは、女性に多い
パターンですが、その後ろに隠れているのは、
まず、慣れていないこと。

はっきり断るって、日本ではあまり歓迎されません。
もちろん、はっきり断るようにしようというのではなく、
日本のやわらかさを上手につかって、必要なときには
やわらかく断ることも可能なはず。

周りの人たちに振り回されないためにも、この境界線、
しっかり持っていたいものです。


このコラムはこちらでもご覧いただけます。
→ http://blog.livedoor.jp/mikiogura/archives/51500744.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
エナジー・コーチ エナジー・コーチ

もっと元気にハッピーになりたい女性たちをパワフルにサポート!

もっと自信を持ってバランス良く、元気にハッピーになりたい方(主に20~40代の女性)に向け、コーチングやセミナー、講演を実施しています。人生の幸せ、ビジネスの成功や自己実現のために、枠に捕われない考え方を提供し、内面から強くサポートします。

カテゴリ 「セルフ・ヘルプ」のコラム

Find people who respect you(2009/10/01 14:10)

ウソをつかないコツ(2009/04/24 16:04)

いい子にならなくても(2008/06/16 19:06)