健康寿命と要介護に必要な費用から、介護保障を考える - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

BYSプランニング ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

健康寿命と要介護に必要な費用から、介護保障を考える

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
生命保険の豆知識
1.健康寿命と平均寿命との差が拡大している
 
厚生労働省のデータによると、健康寿命(心身ともに自立し、健康的に生活できる期間のこと)と平均寿命の差が大きくなってきている。

平成26年度で見ると、男性の平均寿命が80.21歳に対し、健康寿命は71.19歳、日常生活に制限のある期間が約9年。

女性の平均寿命が86.61歳に対し、健康寿命は74.21歳、日常生活に制限のある期間が約12年。

日常生活に制限がある期間は、要介護状態にある期間と同一と捉えることができる。

つまり日本人の場合、平均的には10年程度は要介護状態で生活を送ることになるのだ。


2.要介護状態になった場合にかかる費用

要介護状態となった場合の初期費用だが、以下のような費用が発生する可能性がある。

1.住宅の改修(手すりの取り付け・段差の解消・お風呂場やトイレの改修など) 
   ※住宅の改修については、公的介護保険の対象になる可能性有
   
2.車いす・特殊ベッド・ポータブルトイレなどの福祉用品等の購入
   ※車いす・特殊ベッドなどの福祉用品については、公的介護保険の貸与制度有

合計で平均262万円の初期費用となる。

また要介護状態になったときの月々の必要資金の平均は17.2万円。

どちらも2012年の生命保険文化センターの調べによるが、これらのデータから試算すると、初期費用と毎月必要となる必要資金を10年分とした場合の合計額は、2326万円/人となる。
  
要介護費用として2500万円超の金融資産を確保していれば、安心できるかもしれないが、それだけの資産を確保できないとなると、民間介護保険も選択肢となってくる。

  
3.民間の介護保険を選択する際の注意点とポイント

民間介護保険を選択する際の注意点とポイントとして以下の4つをあげる。
  
1.要介護認定基準
  公的介護保険連動型かどうか、保険会社規定なのか

2.終身型タイプなのか、一定期間の保障タイプなのか

3.死亡保障があるのかどうか

4.途中解約した際の解約返戻金があるのかどうか

現状で民間介護保険は、全く同じ条件で比較することは難しいのが現状。

介護保障を民間介護保険で確保する場合は、それぞれの保険商品の特徴とコストパフォーマンスを考慮した上で、自分に合う商品を選択していただきたい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

カテゴリ 「生命保険の豆知識」のコラム

このコラムに類似したコラム

収入保障保険は意外と割安・・・・働けなくなったときの備えは? 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2017/05/17 11:55)

介護保障は必要? 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2015/06/01 07:00)

公的介護保険制度について 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2015/05/28 07:00)

介護保険 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2015/03/19 07:00)

あなたの保障のニーズは? 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2015/01/08 07:00)