たった一日で、ものスゴイ効果を感じた「塩抜きダイエット」 - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

たった一日で、ものスゴイ効果を感じた「塩抜きダイエット」

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

今回は、私が以前に試してみた事のある、ちょっと変わった体質改善(ダイエット法)をご紹介致します♫

それは「塩抜きダイエット」と言われているもので、所謂"塩断ち"です。

\(◎o◎)/!

 

人間は、特に年齢を重ねて来ると、古くなった塩分が体内に蓄積されており、それがダイエットの邪魔をしたり痩せづらい体質を作っていると言われます。

それを改善をする為に「塩を断って、古くなった体の塩を排出する」という方法なのです。

(^^✿

 

 

【塩抜きダイエット】

 

体から塩分を減らすと、

・浸透圧のしくみで体の余分な水分が抜けて痩せる。
・余分な水分が抜けることで代謝が良くなり、結果カロリーを消費しやすくなり痩せる。
・腸にかかわる筋肉の緩和やホルモンバランス改善の影響で、お通じが良くなって痩せる。

 

★塩抜きダイエットはこんな人にオススメ

・ダイエットしたいけど食べることを我慢できない
・体質改善、デトックスをしたい
・ダイエットを長く続けられない、短期間集中してダイエットしたい
・むくみやすい
・ダイエットしてもなかなか効果がでない、ダイエット停滞期から脱却したい
・便秘・肌荒れを改善したい
・ダイエットにお金をかけたくない
・健康になりたい

 

★塩抜きの具体的方法と注意

1.スナック菓子など塩分の多いものは厳禁。
※徹底的に塩分を口にしないようにする。

 

2.体から出る塩分>体に入る塩分を意識する。
※そのためにも塩分の多いスナック菓子やカップラーメンは厳禁。味の濃いものも控える。

 

3.体から塩分が抜けて来る2・3日目はもっと出すために、塩分を一切取らないと効果的。

 

4.すべての加工食品やスナック菓子を避ける
※ハムやベーコン・缶詰・練り物・カップラーメン・乾麺・パン・シリアル・漬物・お弁当など、すべての加工食品やスナック菓子を避け、スーパーでものを買うときは、栄養成分表を必ず見て塩分含有量をチェック。基本的にこの3日間は自分で作った塩抜きの食事と、小腹が空いたときは果物や無塩のスナックのみを摂る。

 

5.水分を多めに補給する。
※意識して水分を取ることで初めは浮腫んだりする事もあるが、ここで騙されたと思って塩抜きをやめない事。初めは水分が塩分の多い体に吸われて、体内の塩分の濃さが薄まったところで塩の排出が加速する。そうすると浮腫みが取れて浮腫みにくい体質に改善される。

 

6.果物など、カリウムの多い食品を食べる
※カリウムを摂取することで、そのカリウムに体内の塩分が釣られて体外に排出される。バナナや果物はオススメ。塩抜きをすると体内のカリウムも若干不足がちになるので、補給もかねて食べておく。

※マグネシウムを共に排出するので便が柔らかくなり便秘解消にもなるが、マグネシウム不足には注意し、場合によっては補給する。野菜や果物に多く含まれているカリウムは、体内の塩分を排出する働きがあるので、塩抜きダイエット中の3日間は積極的に野菜や果物を摂るようにする。

 

7.お茶などを飲んで排尿をうながす
※水を飲むだけでなく、排尿する事で塩や老廃物を排出する事で効果を得るので、利尿作用のあるお茶などを飲み排尿を促す。

 

8.3日間続けて塩抜きをしたら、4日目に普通食に戻す。(3日以上は厳禁!)
※現代人は塩分を取りすぎているとは言え、塩分は体に必要であり、徹底した塩抜きを長く続けるのは危険。塩のなかのNa(ナトリウム)は脳の栄養なので、塩分が不足するとフラフラしてめまいのような症状が出たり、CI(塩素)は胃酸の元になるので、あまりに胃酸が少ない状態が続くことで夏バテのようにもなる事がある。

極端に塩分がなければ熱中症のような症状にもなるのでやりすぎは禁物。

大体2日目くらいから余分な塩分が抜け、3日目で宿便などが出て行くので、4日目には元の食事に戻す。
気になるなら塩分の多い食品を控えればOK。

注意点には気をつけつつ、きちんとやれば2~5キロは楽に痩せる事が可能。
代謝が上がり宿便も出るので、痩せやすい体に体質改善も可能。
まずは3日間試してみて、その効果を感じてみる。

 

 

★まとめ★

★塩断ちダイエットのスケジュール

※準備期間(1~3日間)・・・間食や夜食を避け、食べすぎないようにする

1日目・・・朝、昼は塩分をやや控えめにして腹八分目まで食べ、夜は無塩食を意識して摂る
2日目・・・1日を通して無塩食とする。徐々に排便や排尿の回数が増える
3日目・・・1日を通して無塩食とする。宿便が排泄される
4日目・・・普通食に戻し、通常の食事を摂る

 

 

  ↑     ↑     ↑

 

やり方と注意点は以上ですが、好転反応も出る様なので、休日などを利用されるのが良いかもしれません。

味気ない食事を3日間も続けるのは無理!と言う方は、

 

★夜だけ塩抜きの食事にして、それを3日~1週間続ける

★前日の夕食と次の日の一日間だけ塩抜きをするというのを、3週間~1ヶ月に一回行う

 

という穏やかな塩抜きでも、半年後くらいに効果があるそうですので、もし興味がお有りの方は、ご自分に合ったやり方で是非お試しになってみて下さい。

尚、塩断ちは絶対3日間以上はやらないという事が原則です。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

 

ちなみに私は体質改善の為に、前日の夜&丸一日の塩抜きを試してみた事がありましたが、速攻で汗の出が非常に良くなり、体がスッキリとして物凄い効果を感じました♫

本当は3日間してみようと思ったのですが、あまりに味気ない食事とヘロヘロ感に、一日でギブアップ!でした~。(笑)

(^^;;

 

なので私には、やるなら"一か月に一回、丸一日の塩断ちスタイル"が合っているみたいと感じました♡

(^^✿

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年