年々前歯のすきっ歯が広がっており、現在では2~3㎜の開きがあります。 - 歯列矯正 - 専門家プロファイル

医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長
大阪府
歯科医師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年々前歯のすきっ歯が広がっており、現在では2~3㎜の開きがあります。

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 矯正・審美歯科
  3. 歯列矯正
審美歯科、矯正歯科の質問と回答 すきっ歯、正中離開(せいちゅうりかい)、空隙歯列
[ご相談内容]

年々前歯のすきっ歯が広がっており、現在では2~3㎜の開きがあります。
来年イベントを控えているため、治療していただこうと考えているのですが、ホワイトニングもイベントに合わせて行いたいと思っております。

①この場合、どちらの治療を先に行えば良いのでしょうか?
②私のすきっ歯ではどの治療が適切でしょうか?
③8月の土曜日の遅い時間(17時頃希望です)で診察していただける日をいくつか教えていただけますでしょうか?

お忙しい中お手数をおかけしますが以上の点について宜しくお願致します。





(回答)

画像を拝見しますと、前歯に2~3ミリの歯間離開が見られます。
この隙間を治す方法は、歯列矯正またはセラミッククラウン法またはラミネートベニア法となります。
噛み合わせ等の状態は診察しないと分かりませんが、理想はまず歯列矯正を行い、その後にホワイトニング
となります。期間的に問題があれば短期間での治療となり、その場合にはホワイトニングを先行し、それに
合わせてクラウンまたはラミネートで隙間を改善します。
当院の土曜日の診療時間は17:30までとなりますので、遅い時間での対応は難しくなります。

----------------------

歯列矯正
http://www.umeda.or.jp/lingul.html

差し歯、セラミッククラウン法
http://www.umeda.or.jp/crown.html

ラミネートベニア法
http://www.umeda.or.jp/ramineto.html

すきっ歯、正中離開、空隙歯列、せいちゅうりかい、くうげきしれつ
http://www.umeda.or.jp/suki.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 歯科医師)
医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長

大阪梅田駅徒歩3分。「歯のエステ」25年の技術で応えます

虫歯治療だけでなく「美しさ」も含めた治療を追求する「審美歯科」で25年。先進国アメリカの審美を学び、7000ケース以上の実績を重ねて参りました。白くきれいな歯並びの美しい笑顔は自信にもつながります。日本の審美歯科への意識向上のため努力を続けます。

カテゴリ 「審美歯科、矯正歯科の質問と回答」のコラム