基礎配筋検査 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

敷浪 一哉
有限会社シキナミカズヤ建築研究所 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

基礎配筋検査

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
建築のいろいろ ホドガヤの家
確認申請の審査機関、構造事務所さん立会いのもと、基礎の配筋検査が行われました。
現場監督さんが丁寧に段取りして、基礎屋さんが丁寧に工事してくれたおかげで、配筋された裸の基礎ではありますがとても美しいですよ。

建物内の排水を外に出すために、どうしても基礎の中を貫通させる必要があります。
貫通させた場所は強度が落ちないように鉄筋で補強します。

今回、通常の木造軸組み+門型フレーム(改正された確認申請の影響で認めてもらえず、計算方法は修正しましたが・・・)を組み合わせているので、180mm×120mmの大きな柱が何本か建ちます。
その場所は通常の基礎ですと基礎からはみ出してしまいますので、写真のように一部巾の広い部分をつくっています。