ポートフォリオの資産構成比率の参考例 - 投資相談全般 - 専門家プロファイル

吉野 充巨
オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ポートフォリオの資産構成比率の参考例

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 投資相談全般
資産運用の原則 長期国際分散投資

取材コラム

マネーライフプランとその運用が連動していることが重要

―――資産構成比率を考えるには何からはじめたらいいのですか?
「どのような資産構成比にすべきか、人それぞれ異なるわけですが、自分にとって最適な資産構成比率をつくるため、まずは資産運用の目標に立ち返ることが大切です。

とにかく資産が増えればいいわけではありません。自分のマネーライフプランとその運用が連動していることが重要です。老後の資金を蓄えたい、不労所得を増やしたい、今ある老後資金を枯らしたくない、など目標はさまざまですね。

目標によって、投資期間設定やその間に配当金を受け取る必要があるのかどうか、リスクの高い資産をどれくらい持つことができるのか、などが決まります。例えば、今、財政基盤が固まっていなければ、配当金を受け取れる方がいいでしょう。リタイア後の運用であれば、大きなリスクは避けたいですね。」

―――具体的にはどのように考えたらいいですか?
「資産は大きく『債券』と『株式』に分けられます。また通貨で考えると、大きく国内の『円建て資産』と海外の『外貨建て資産』の2種類があります。つまり、『国内債券』『国内株式』『外国債券』『外国株式』の4種類の資産があると考えましょう。これらを、リターンを高め、全体のリスクを下げるように試算していきます。」

モデル・ポートフォリオの資産構成比率

個人向け国債を組み込むのは有効?

―――想像がつきません…
「ひとつ参考にできるのが、年金積立金管理運用独立行政法人の資産構成比率です。年金積立金管理運用独立行政法人は、厚生労働大臣から寄託を受けた年金積立金の管理運用を行い、年金事業運営の安定を目指しています。長期的な観点から安全かつ効率的な運用を行うため、各資産を組み合わせた資産構成割合を基本ポートフォリオとして定めています。」

140819アセットアロケーションプラン対比
―――比較的堅実な運用ができるということですね。
「そうですね。
堅実という観点では、個人向け国債を組み込むのは有効だと考えます。」

―――儲からないという話を聞いたことがありますが…
「確かに、全然儲からないから買うべきではない、と考ええる人もいます。しかし、日本国が発行する債券ですから、信用リスク面の銀行預金を上回る評価があります。また、国債利回りがインフレにより上昇しても、個人向け国債10年変動型は金利があわせて上昇するという特徴がありますよ。」

インタビュー/文・岩﨑美帆

投資助言、資産形成のご相談

投資助言、資産形成・運用のご相談についてお気軽にご連絡ください。初回面談に際し、助言者吉野とご相談者のマッチング時間として30分は無料です。また、契約前書面等契約に関する説明を行います。その後ご相談者が相談を希望されたのちに料金が発生します。

当社の行う投資助言サービスの提供を受け投資を行った際には、投資リスクが生じます。ご紹介する商品及び投資行動は、株式相場、金利水準、為替相場、商品相場等の変動に伴い、 価格や基準価格が変動し投資元本を割り込み、損失を生じる恐れがあります。

■ 投資助言に関する、リスクの所在は下記に掲載しています。
http://www.officemyfp.com/toushijogentorisk.html
■ 投資助言に関するメニューと料金及び顧問会員の料金は下記に掲載しています。
http://www.officemyfp.com/planprice-2.html

◆ 電話 : 03-6447-7831
◆ メール : メールフォーム

オフィス マイ エフ・ピーは、一般社団法人 日本証券投資顧問業協会の会員です。

オフィス マイ エフ・ピー問合せ先
ファイナンシャルプランニングと投資助言で人生設計から資産形成までサポートする保険や投資信託等金融商品を販売しないフィーオンリーのアメリカ型ファイナンシャル・プランナー≒独立系顧問料制アドバイザー。

【保有資格】
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP®
日本証券アナリスト協会認定 プライマリー プライベート・バンカー
宅地建物取引主任者 (東京) 第188140号
(公財)東京都防災・建築まちづくりセンター登録まちづくり専門家
登録ロングステイアドバイザーロングステイアドバイザー

-------------------------------------
オフィス マイ エフ・ピー
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-6-7 
日本橋関谷ビル4F
http://www.officemyfp.com/
-------------------------------------

このコラムに類似したコラム

アセットアロケーションの考え方・組み方、リアロケーションのタイミング 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/03/16 15:00)

投資の基本「リターン」「リスク」「コスト」 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/03/11 14:02)

資産運用のパフォーマンスは資産配分とコストが決め手 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/08 16:35)

72の法則 川口 幸子 - ファイナンシャルプランナー国際認定コーチ(2017/05/13 13:59)

株や投資信託を使った運用は良いのか?悪いのか? 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2017/01/31 15:09)