資産価値の下がりにくい土地選び「くせのない物件」 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

 資産価値の下がりにくい土地選び「くせのない物件」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
くせのない物件とは、くせのある物件の逆のことです。

くせのある物件と言ってもいろいろあります。



例えば周辺環境で言えば、

   ・高圧線下

   ・変電所

   ・墓地

   ・工場

などの一般的に敬遠されがちな施設に隣接している物件をさします。




土地の条件で考えると、

地形が極端に変形している

敷地内に高低差がある

車両が通行できない道路に面している

など、建築家にとってはの腕の見せ所ですが、
万人に受けるとはかぎりません。



また、建物の間取りでは、

施主の趣味趣向が強く反映されていたり、

将来的にリフォームがしにくい構造であるなども、

買手の心理としては抵抗があるものです。


以上のような物件は割安感があることはメリットですが、
流動性に欠けることが最大のデメリットです。

自分が気にしなくても第3者の目線で考えることです。


 今、自分だけに合う物件はさけましょう

 |  コラム一覧 |