今回の質問者様の為のメッセージ!?《関係性と過去世》 - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今回の質問者様の為のメッセージ!?《関係性と過去世》

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

今回の記事をネットでたまたま見つけた時、私にはまるで(前回・前々回のコラムの中でご紹介させて頂いた)質問者の方の為に書かれたメッセージの様にも感じられましたので転載致します♫

☆_(_☆_)_☆ 

 

 

愛知ソニアさんのブログより http://sonia.thd-web.jp/

 

【関係性と過去世】

 

「人生」は、川を比喩に用いてよく例えられます。私たち自身の意識についても、川に例えることができます。川面には流れがはっきり見えていますが、見ることができない川底にも別の流れがあります。魂の記憶や秘められた欲望が力強く流れているのです。それは、何回もの生まれ変わりを通して魂が経験したすべての蓄積がもたらす流れです。

 

深いところのその流れによって、人生を通して誰に惹かれ、誰を避け、なにを好み、なにを避けるか、表面の流れ方を影響します。人生のパターンや習慣、他とのかかわり方といったものも、川底の流れに左右されます。今までに魂が経験したすべてが無意識層を形成し、強い影響を与えているのです。

 

今生でかかわる人たちの大半が前世でもかかわっていた人たちなのです。おそらく、多くの生まれ変わりを通して、役割交代しながらかかわってきた人たちなのでしょう。私たちの両親、兄弟姉妹、子供たち、友だち、知人、上司や職場の人たち、セミナーで出会って意気投合する人たちなどです。

 

苦手な人たちや、喧嘩別れした人たちも含まれています。今の自分の人間関係は、幾度もの生まれ変わりの総決算であり、結果でもあるわけです。魂の過去世の記憶が、今生の人間関係や経験に強く反映され、ご縁や経験を引き寄せます。また、物事に対して私たちがどのように反応するかも、実は魂の記憶と深くかかわっているのです。勿論、他人の反応も、彼らの魂の記憶と深くかかわっているといえるのです。

 

ですから、理由もないのにどうして自分が責められるのか? 

 

こういった意味不明なことのたいていが、相手がその人自身の魂の記憶に反応しているだけなのです。これが納得できると、余計な心配をしたり、傷ついたり、反応したり、憤慨させられることも減るのではないでしょうか。

 

誰もが過去世を通して、愛、情熱、思いやり、疑惑、憎しみ、嫉妬、復讐、絶望感といったさまざまな感情を経験した上で、今ここに生を宿しています。今生において、恐怖心などさまざまなネガティブ感情がなかなか手放せない場合は、過去世における魂の記憶が強く残っていることが多いのです。その記憶を辿り、認識さえすれば、特定のネガティブ感情から解放されることが可能です。

 

夢はそういったネガティブ感情を克服する手段を与えてくれます。たとえば、なにか恐ろしい生き物に追いかけられるような悪夢はその典型です。繰り返しそのような夢を見るのであれば、過去世から続くネガティブ感情を、今生で克服するチャンスを夢が与えてくれているのです。

 

夢の中でいつも逃げ回っていたり、恐れていては、ネガティブ感情は浄化されません。逆に夢の中でその恐ろしい対象を攻撃している間は、これもまだ浄化できずにいるのです。何度も同じような夢を見ているうちに、いずれ夢の中でそれほど怖くないな、と感じるようになっていきます。

 

これはある特定のネガティブ感情を完全に克服できるまであともう一歩というサインです。夢の中でその恐ろしいしいものに面と向かって、「もうやめて!」という勇気をもつようにしてみてください。あるいは、その恐ろしいものと仲良くなるようにすると、克服したことになります。退行催眠や過去世療法を受けるよりも、ずっとパワフルな方法です。

 

さて、過去世から引き続いている深い関係性は、「良い関係性」と「悪い関係性」 といったように明確に分けられるものではありません。たいていは、両方がミックスされた深い関係なのです。一緒によき人生を送った、つまり、よいカルマの魂の記憶か、あるいは一緒に多くの問題や不一致を経験した強い魂の記憶によって、今生でも互いに巡り会うように引き寄せ合うのです。

 

それにしても、過去世の良好な関係性が、今生においても同じように持続するとはかぎりません。先天的な相性の良さがあったとしても、互いに今生におけるライフパーパスは異なるので、それによって対立も起き得るのです。しかし、たいていの場合は、過去世の良好な関係性が確立していることによって、今生でも互いにサポートしあい、楽しい関係性を築くことができます。

 

逆に過去世において良くな かった関係性は、今生においても知らず知らずのうちに、苦痛を生みやすくしてしまいます。過去世の関係性のあり方を意識して、改善しようと互いに努力しないかぎり、カルマをさらに大きくしてしまいがちです。

 

そのような関係性を避けようとしても、カルマの法則によって避けられない状況が生まれます。その良くないカルマを今生で解消させようとする目に見えない力が働きかけるからです。過去世において相手に与えた影響が、今生でも受け継がれて苦しい関係性を生み出すことになるのです。

 

自分の周りの関係性を、川底の流れである過去世を含めた捉え方をすることによって、冷静に見つめることができたり、さらに改善できるように心がけることができるようになるでしょう。


  

Posted by 愛知 ソニア 

 

 

 

以上、転載記事でした。

それでは最後に、前回のコラムを読まれた相談者様から頂いた返信と私の返信をお届け致します。

☆_(_☆_)_☆

 

 

【ご相談者様からの返信】

大園様

人は鏡のコラムとても分かり易く丁寧に解説して頂きありがとうございました。大変興味深く読ませて頂きました!

私は自分の仕事をする時には、自分が仕上げたものに付いて人それぞれの好みで賛否両論あっても、不思議と否定的な事を言われても、そういう意見もあるんだなというくらいで、全然気になりません。笑
このような経験からか、大園様が仰ってる、自分の個性を尊重し愛せているならば、彼の言う事で自分は不完全であるという様な受け止め方はしないという事というのがすごくよく分ります。

私は数年前に、内面をを見れるという人がいてその方に紙に書きだしてもらうという作業をしてもらったことがあります。その時にインナーチャイルドという言葉が書かれていて当時の私は特に気にすることもなかったのですが、それから数年経った今、それがすごくよく分ります。なので気づきのタイミングっていうのはあると思うし、自分の人生の課題を乗り越えなさいとそれに応じた宿題がずっと続いていくのも分かる気がします。

自分を大切にって言葉を聞くと当然って思うかもしれませんが、時には難しい事もありますね。ただ気づいた以上は行動あるのみですね。ありがとうございます。

 

 

【大園エリカの返信】

少し解釈が進まれた様で何よりです。

お仕事には自信を持っていらっしゃるのは、ご自分のセンスや才能をご自身で信じて愛していらっしゃるからですね!

その部分ではもうそこに到達されておられる訳ですから、理解も早いのではないかと感じておりますが、人間はこと恋愛になると「盲目」にさせられてしまうので(※それはそれだけクリアしなければならない課題が重要でもあるという事です)、壁にぶち当たってしまうのですね。

インナーチャイルドとは「自分では気付いていない潜在意識」の事を言うので、そう指摘された方は正しくものを観ていらしたと感じますし、今はご自分でそこに気付きつつあるのですね。
そこが視えて来れば、解決は早いと思います。

焦らずじっくり忍耐強くクリアして行くという意識で、ご自分の中にまだ閉じられている扉を発見されて行かれて下さい。

今回も私に内容の濃いコラムを書かせて頂けました事に、深く感謝致します。



大園エリカ

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年